Illustratorでガイドを作成する方法《基本的な操作》

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
Illustratorでガイドを作成する方法《基本的な操作》

印刷データでガイドを作成することで、折り加工や配置などを正確に行うことができます。

ガイドを上手に活用してより良い印刷データの作成をしましょう。


※以下、画面はWindows版Illustrator CS6です。



ガイドを作成するための環境設定

アートボードの画面に定規(ルーラー)が以下の画面のように表示されていない場合は、メニューから「表示」→「定規」→「定規を表示」を選択して定規を表示させます。



定規を表示させたときに、原点(X、Yが0の位置)がアートボードの左上になっていない場合は、定規の左上隅をダブルクリックして、原点の位置をクリアします。

※バージョンによっては原点は左下です。


これでガイドを作成するための準備が整いました。

ガイド作成の手順

今回はA4サイズの横向きのデザインに巻三つ折り用に「100mm・100mm・97mm」で印刷面を分けるためのガイドを作成します。


今回はラインツールでガイドを作成します。

まずラインツールを選択します。



線幅は「0mm」(空欄)になるようにして下さい。


ラインツールでラインを作成します。

以下の様な値で配置します。(H:高さはお好みで設定して下さい)


作成したラインを選択した状態にします。



ツールパネルの「選択ツール」をダブルクリックするか、メニューから「オブジェクト」→「変形」→「移動」を選択します。




最初に作成したラインの右方向に100mmの所に同じオブジェクトをコピーしたいので、「水平方向」に「100mm」を入力し、「コピー」のボタンをクリックします。


最初のラインから右に100mmの位置に同じオブジェクトが作成されます。

このふたつのオブジェクトを選択します。



メニューから「表示」→「ガイド」→「ガイドをロック」にチェックが付いていることを確認します。

そして、メニューから「表示」→「ガイド」→「ガイドを作成」を選択します。



選択したオブジェクトがガイドになりました。

このガイドのラインを参考にレイアウト・デザインを行って下さい。



テンプレートがダウンロードできます

大型折りパンフレットは既にガイドを作成したテンプレートがダウンロードできるようになっています。


ぜひダウンロードしてお使い下さい。

  折りパンフレット テンプレートダウンロード


※Windows用・Mac用ともに用意しております。

カテゴリ

Illustrator 基本的な操作方法

調べてみよう!

こんな記事も読まれています