11月17日に「デザインを形づくるもの・こと・しくみ」を軸にしたデザインセミナーが新潟で開催(新潟キログラム)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
11月17日に「デザインを形づくるもの・こと・しくみ」を軸にしたデザインセミナーが新潟で開催(新潟キログラム)

2012年11月17日(土)にデザインのセミナー「新潟キログラム」が新潟市で開催されます。

テーマは「デザインを形づくるもの・こと・しくみ」「人を動かすデザイン力」です。


現在参加者を募集中です。(事前の申し込みは割引があります)


また、翌18日に、域の魅力を掘り起こし域と人を様々なコミュニケーションによって結ぶデザインアプローチ「シビックプライド」に関するパネルディスカッションも開催されます。新潟キログラムと一緒に参加申請するとお得な割引もありますので、こちらもぜひご参加下さい。


開催概要

日時
2012年11月17日(土) 13:00~18:00
会場
水と土の芸術祭メイン会場 赤ひげラウンジ(新潟市中央区万代島4-1)
定員
80名
出演者
林千晶さん(ロフトワーク 代表取締役)
イナムラシンヤさん(AD/WEBデザイナー/グラフィックデザイナー)
鷹野雅弘さん(スイッチ/CSS Nite主宰)
紫牟田伸子さん(プロジェクトエディター、SJ主宰)
中田一会さん(ロフトワーク コミュニケーションマネージャー)
迫一成さん(hickory03travelers)

内容

きっかけのデザイン / リデザイン(林千晶さん)

「デザインでできること」は、世の中の多くの人が想像しているより、きっとずっと多い。「デザインできるもの」は、クリエイティブに関わる人が意識しているより、きっとずっと大きい。

被災のためのデザイン、域を元気にするデザイン、プロジェクトのデザイン、ビジネスのデザイン、人と人の関係を築くためのデザイン...そして、「ワクワク」を生み出し、日々の仕事を楽しくする、自分のための「きっかけ」のデザイン。

2万人近くのクリエイティブなネットワークとのコラボレーション・ワークで、Web制作から域活性まであらゆるプロジェクトを手がけるロフトワーク。社会や企業を巻き込んだ個々の事例から、「プロジェクトデザイン」という新たなフレームワークまで、代表・林千晶がご紹介します。

講師プロフィール | 2012年11月17日(土)特別版「新潟キログラム2012」開催!


  • "デザイン"とは
  • "きっかけ"の大事さ
  • 震災で生きたデザイン
  • ロフトワークとは
  • Roooots 名産品リデザインプロジェクト
  • プロジェクトデザインの力

新潟←→東京間の広告制作ワークフロー(イナムラシンヤさん)


フォント、文字、組版に関するこだわりアレコレ(鷹野雅弘さん)

「フォント選びがなっていなくて、組版が甘く、また、ちょっとした配慮が適切にされていない」。

プリントメディアの制作を経験されてきた人間は、Webの多くの制作物に対して、そのように感じています。

一方、プリントメディア/Webに関わらず、最近はじめた方、また、メインは制作でない方は、フォント、文字、組版に関して体系的に学ぶ機会が少なく、「そうは言われても...」と困ってしまうのではないでしょうか?

下記の10の観点から、凝縮してお伝えします。

講師プロフィール | 2012年11月17日(土)特別版「新潟キログラム2012」開催!

  • Type1、TrueTypeOpenType、それぞれの違いは?
  • フォントは購入するもの?レンタルがいいの?
  • ペアカーニングって何?
  • Illustratorなどのアプリケーションの自動カーニングって、どれを選べばいいの?
  • 和欧混植(合成フォント)で好ましい組み合わせは? 注意点は?
  • 「カギ括弧をコカギで」って言われたけど、何のこと?
  • フォントにもトレンドってあるの?
  • グランジっていうんですか、文字のカスレ/ヨゴレ処理ってどうやるの?
  • Web Fontsって、実際のところ、どうなの?
  • フォントがたくさんで選択するのも一苦労だけど、一度も使ったことがないものも多い。どうにかならない?


《パネルディスカッション》人を動かすデザイン力(紫牟田伸子さん/中田一会さん/迫一成さん)

「人を動かすデザイン力」をテーマにパネリストのみなさんが思うこと、やっていること、問題の解決方法などについて様々な視点でディスカッションします。

講師プロフィール | 2012年11月17日(土)特別版「新潟キログラム2012」開催!


お申し込みなどの詳しい情報は下記の関連ページからご覧下さい。

関連情報・参考資料

カテゴリ

セミナー・勉強会紹介 デザイン

調べてみよう!

こんな記事も読まれています