Illustrator・InDesignでオーバープリントと乗算を同時に設定したらどうなるのか?

Illustrator・InDesignでオーバープリントと乗算を同時に設定したらどうなるのか?

IllustratorInDesignでは、オブジェクトにオーバープリントの設定と乗算の設定ができます。


オーバープリントと乗算は似ているのですが、オーバープリントでは上に乗るオブジェクトのCMYKが優先されるという点が大きく異なります。例は以下の「オーバープリント」のページをご覧下さい。

オーバープリント DTP印刷用語集)


それではオーバープリントと乗算を同時に設定したらどうなるのでしょうか?

検証

Illustratorにて以下の様にオブジェクトを配置します。


面に「M50+Y50」のオブジェクト、前面に「C100」のオブジェクトを3点配置します。

右上が「乗算のみ」、左下が「オーバープリントのみ」、右下が「乗算とオーバープリント」を適用しています。

※画面表示はオーバープリントプレビューをしていない状態です。



このデータを実際に出力すると以下の様なデータになります。

右上の重なっている部分は「C100+M50+Y50」、左下の重なっている部分は「C100+M50+Y50」、右下の重なっている部分は「C100+M75+Y75」となります。


右下の重なっている部分の処理は、まずオーバープリントの処理が行われてから、改めて乗算の計算が行われていることになります。

このため、他の2点のカラーより濃くなっているわけです。


計算としてはオーバープリントの処理が終わったオブジェクト「C100+M50+Y50」を乗算で景の「M50+Y50」と合成するのでM・Yの値は以下の計算式となります。


  • (1-((100-50)÷100)×((100-50)÷100))×100=75

※計算式については「Illustratorのオーバープリントと透明効果の乗算の違い」をご覧下さい。


結論

オーバープリントと乗算は同時に設定しても有効です。


ただしオーバープリントプレビューで確認しないと、最終的なカラーがわからないため、入稿するデータは必ずオーバープリントプレビューで確認してからご入稿下さい。

関連情報・参考資料

カテゴリ

Illustrator InDesign

調べてみよう!

こんな記事も読まれています