8月18日に製版を意識したPhotoshop Tips・InDesignの欧文組版についての勉強会が名古屋で開催

8月18日に製版を意識したPhotoshop Tips・InDesignの欧文組版についての勉強会が名古屋で開催

2012年8月18日にDTPの勉強部屋(名古屋)で第25回勉強会が開催されます。

テーマは製版を意識したPhotoshop Tips・InDesignの欧文組版です。

開催概要

日時
2012年8月18日 14:00~19:00(受付開始:13:30~)
会場
ウインクあいち 小ホール
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
参加費
2,000円
定員
130名


セッションについて

セッション1:版にアプローチするPhotoshop TIPS:CTPをhackせよ(野口尚子さん(印刷の余白Lab.))

入稿データをつくるとき「製版」を意識していますか?

CTPが普及してから、データ上で版の一枚一枚をシミュレーションしていじることができるようになりました。そこで、今回は主にPhotoshopを使って「版」にアプローチするテクニックを、便利な機能からちょっとした裏技までご紹介します。CTPをhack!するつもりで印刷で遊べるデータのつくりかたを考えてみましょう。

第25回勉強会のお知らせ | 第25回勉強会 | DTPの勉強部屋


セッション2:InDesignで欧文組版 ─基本操作と欧文文字・段落の扱い方─(コン トヨコさん)

日本語版InDesignには、日本語用組版のための、便利で高度な機能がたくさん搭載されています。そんな日本語版InDesignで欧文組版をしてみると、どこに欧文組版の機能が隠れているのか、見つけるだけでもなかなか一仕事です。締め切りもあるし、「まっ、見た目でよければいいや、えいっ」と力技で日本語設定のまま欧文組版をしていませんか?

この日本語用と欧文用機能を理解し使い分け、また、欧文組版でおさえておきたい組版ルールを知ることで、ネイティヴ(英語を母国語とする人たち)が見ても、不自然でない、無理のない組版に役立つノウハウをご紹介いたします。


セッションの3本柱

InDesign日本語版においては、日本語用と欧文用の機能が混在していることを理解し、使い分けよう。

●欧文組版のPunctuation(約物)は、InDesignではどのように表示し、扱うのかを理解しよう。

●欧文テキストに対するレタースペース(文字間)、ワードスペース(単語間)の調整の仕方を理解しよう。

第25回勉強会のお知らせ | 第25回勉強会 | DTPの勉強部屋


お申し込み・詳細は関連ページのリンクからお願いいたします。

カテゴリ

InDesign Photoshop セミナー・勉強会紹介

調べてみよう!

こんな記事も読まれています