Illustratorでリンク画像を埋め込まないとドロップシャドウがガタガタになる

Illustratorでリンク画像を埋め込まないとドロップシャドウがガタガタになる

概要

このページではIllustratorで、クリッピングパス切り抜きパス)を使用しているPhotoshop EPS画像・Photoshop形式画像(PSD)をリンクした状態にしてあると、効果(アピアランス)のドロップシャドウの形がいびつになる問題について掲載しています。

実例

Illustrator CS 5.1で以下の様なデータを作成しました。

なお、環境はWindows Vistaで、Photoshop EPSにはTIFF(8ビット)でプレビューを付けました。


一番右の画像以外全てリンク配置です。



上の方のドロップシャドウは以下の様な設定になっています。わかりやすくするために「Y軸オフセット」を大きめに設定しています。またドロップシャドウの形をわかりやすくするためにぼかしは「0mm」に設定しています。



下の方のドロップシャドウは以下の様な設定になっています。少しだけぼかしを適用しています。



拡大してみます。

Photoshop EPS画像をリンクしている部分です。

ドロップシャドウの輪郭がガタガタでかなりいびつな形になっていることがわかります。



Photoshop形式の画像をリンクしている部分です。

ドロップシャドウの輪郭がPhotoshop EPSより幾分か滑らかになっていますが、まだいびつな形になっていることがわかります。



埋め込み画像の部分です。

こちらはクリッピングパスと同じ形でドロップシャドウが作られていることがわかります。



少しぼかした状態でもドロップシャドウがいびつになっている様子がわかります。

クリックすると拡大されます



結論

ドロップシャドウをより正確に表現したい場合には、Illustratorに画像を埋め込んでください。



参考情報

以下のページの記述より、今回のトラブルを発見できました。ありがとうございました。

■効果はプレビューに対してつけられる


Illustratorで使える効果設定では、その画像の表示状態に対して効果をかけるものが結構ある。

よく使うところでは、効果のドロップシャドウやぼかし。

これらの効果は、画像のプレビューが表示されている状態でないと、正しく適用されない。

EPSのプレビューが見えてないとどんなトラブルがおこるか - ちくちく日記

関連情報・参考資料

カテゴリ

Illustrator Illustratorのバグ・不具合

調べてみよう!

こんな記事も読まれています