AcrobatでPDFをJPEG形式で保存する時の解像度一覧(ppiへ変換)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
AcrobatでPDFをJPEG形式で保存する時の解像度一覧(ppiへ変換)

このページではAcrobatJPEG書き出しをする時の解像度の指定について掲載しています。


「ピクセル/cm」となっている部分を「ピクセル/inch」(ppi)に変換したものを紹介しています。

AcrobatPDFを開き、(「名前を付けて保存」等の機能で)JPEG形式で保存する時に、設定の画面で以下のダイアログが表示されます。


この解像度の項目は、任意の値を入力してJPEG形式で保存ができます。

解像度のメニューをクリックすると、予め用意されている値の一覧が表示されます。



ただし、この値は「ピクセル/cm」となっており、DTP印刷で使用する「ppi(ピクセル/インチ)」とは異なるので、わかりにくくなっています。


このままでは使いづらいので、予め用意されている値をppiに変換したものから一覧表を作成しました。

Acrobat数値変換後
28.35 ピクセル/cm72 ppi
37.80 ピクセル/cm96 ppi
59.06 ピクセル/cm150 ppi
118.11 ピクセル/cm300 ppi
236.22 ピクセル/cm600 ppi
472.44 ピクセル/cm1200 ppi
944.88 ピクセル/cm2400 ppi

こうやって一覧表にして見ると、ピクセル/cmではわかりにくい数値がDTP印刷でよく見るppiで並んでいることがわかりますね。

カテゴリ

Acrobat

調べてみよう!

こんな記事も読まれています