NISが震災復興支援活動として72種類の「絆」の文字を提供

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
NISが震災復興支援活動として72種類の「絆」の文字を提供

フォントメーカーのNIS(ニィス)が震災復興支援活動として「絆」の文字グラフィックスを提供しています。


フォントの開発及び販売を行う株式会社ニィスは、東日本大震災の復興支援として2011年の「今年の漢字」=「絆」のグラフィックスデータを無償提供いたします。

《中略》

昨年3月11日に発生しました東日本大震災では、家族や仲間など、人と人との「絆」の大切さを改めて実感されたことと思います。実際、域のコミュニティをはじめ、企業やNPO団体からの支援の「絆」は広がり、国内のみならず海外からも多くの支援の「絆」をいただいております。

このグラフィックスデータを様々な支援活動に利用していただき、一日も早い被災の復興を心より祈念するとともに、当社はこれからも被災の支援活動を継続して行って参ります。

製品情報 | ニィスフォント | Nis Font


これはフォントメーカーならではのおもしろい取り組みだと思います。

NISのページから様々な書体の「絆」の文字が配置されたPDFファイルをダウンロードできます。


一部をご紹介すると、以下の様な様々なフォントの「絆」が収録されています。

72種類収録されています。


使用は個人またボランティア目的等の非営利活動に限られるので、営利目的のTシャツ販売などの商用には使用することはできません。

またPDFファイルで提供されているので、Illustratorなどが必要です。


PDFを開いて見るとわかりますが、色々な表情の「絆」があるのだなと感じます。

文字の力というものを身近に感じていただけると思います。


皆さんはどのように感じましたか?


ダウンロードは関連ページからお願いいたします。

関連情報・参考資料

カテゴリ

ニュース・告知 フォント

調べてみよう!

こんな記事も読まれています