Adobeサポート【Photoshop・Photoshop Lightroom】2011年11月更新分

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
Adobeサポート【Photoshop・Photoshop Lightroom】2011年11月更新分

Adobeのサポート情報が更新されているので、ご紹介します。

このページではPhotoshopPhotoshop Lightroomのサポート情報について掲載しています。

Photoshop

内容 (What's covered)

フォントが破損することによって、Adobe Photoshop CS5 が正しく動作しなくなることがあります。フォントが破損することによって、さまざまな形の問題が発生します。以下の手順を行うことにより、フォントに起因する問題が改善されます。

フォントのトラブルシューティング (Photoshop CS5)



問題点 (Issue)

Adobe Photoshop CS5 が破損したフォントに直面するか、またはフォントのキャッシュが破損していると、強制終了するか、またはフリーズします。破損したフォントが強制終了の原因という事が明確にならない場合があります。


詳細 (Details)

強制終了の原因となるいくつかのフォントが認識されています。

  • 21kannmbn_ttf
  • GURAKH_S.TTF
  • JH_TITLES.TTF
  • SCREEN__.TTF
  • SEVESBRG.TTF
  • SF Tattle Tales Condensed.ttF
  • ZEROGEBI.TTF
  • Zippy.ttf

文字ツールを使用すると Photoshop CS5 が強制終了する (Mac OS)

ファイル名からするとユーザーが作成したフォントでしょうかね?



Adobe Photoshop および Adobe Illustrator には、あらかじめモバイル用に新規キャンパスサイズが用意されています。

モバイル用のプリセットは用意されていますか (Photoshop CS5 / Illustrator CS5)

モバイルもスマートフォンが入ってくると大きなサイズもあるので注意が必要ですね。



クリッピングマスクとは、あるレイヤーの透明部分を使用して、その上のレイヤーにマスクを適用する機能です。

クリッピングマスクを使用すると、面 (下) のレイヤー (ベースレイヤー) の透明ピクセルが、前面 (上) のレイヤーに対してマスクとして機能します。面のレイヤーの内容で画像を切り抜いたように見せることができますが、実際には切り抜かれていません。クリッピングマスクを解除することで、元の状態に戻ります。JPEGGIF 形式で保存することにより、切り抜かれた場合と同様の状態になります。

クリッピングマスクとはどのような機能ですか (Photoshop CS5)

基本操作ですね。



Photoshop Lightroom

問題点 (Issue)

Mac OS X 10.7 がインストールされている Mac Book Air で、Adobe Photoshop Lightroom 3.5 または Adobe Camera Raw 6.5 の補正ブラシが正しく動作しません。


詳細 (Detail)

以下のような現象が確認されています。

  • ブラシカーソルではなく、ズームインカーソルが表示されます。「消去」ブラシオプションを選択すると、ズームアウトカーソルが表示されます。
  • カーソルが表示されている位置にペイントされず、上または右の離れた位置にペイントされます。
  • カーソルが画面上をジャンプするため、機能が使用できません。

なお、この現象はマウスとトラックパッドの両方で確認されています。

Mac Book Air 環境で補正ブラシが正しく動作しない(Photoshop Lightroom 3.5/Camera Raw 6.5)

Mac Book Air に搭載されているグラフィックボードの問題のようです。

カテゴリ

Adobe TechNote Photoshop

調べてみよう!

こんな記事も読まれています