Photoshopで正確なガイドを作成して印刷用台紙を作成する

Photoshopで正確なガイドを作成して印刷用台紙を作成する

印刷用のデータを作成したいが、Photoshopしか持っていないという方もデータが印刷用に適したデータであれば弊社ではご入稿いただけます。†1


さて、弊社にご入稿頂くにあたり、デザインによってはドキュメントに断ち落としが必要な場合があります。断ち落としがないと断裁や加工時に紙の白が出てしまう場合があります。


Photoshop断ち落としの領域にガイドを作成して、断ち落としを意識した印刷用データを作成するようにしましょう。

このページではPhotoshopでガイドを作成する手順を掲載しています。

なお、ガイドはルーラーからドラッグして作成することもできますが、今回は正確なガイドを作成することを目標としています。

  • †1: ご入稿頂くデータとしてはPhotoshopのネイティブデータよりPhotoshopから変換したPDFデータの方が印刷料金がお得になります。

手順・実例

今回は仕上がりA4サイズ(210mm×297mm)のドキュメントを作成してみます。

画面はPhotoshop CS5です。


メニューの「ファイル」から「新規」を選択します。



幅などを設定する場面になりますが、以下の様に設定し、「OK」をクリックします。

  • 幅:210+3+3=216mm(左右3mmずつの断ち落とし領域を追加します)
  • 高さ:297+3+3=303mm(3mmずつの断ち落とし領域を追加します)
  • 解像度:400pixel/inch(350pixel/inch以上の数値をお薦めします)
  • カラーモード:CMYKカラー・8bit



ドキュメントが作成されました。



メニューから「表示」→「新規ガイド」を選択します。



方向と位置を設定する画面になりますので、まず方向は「垂直方向」で、位置は「3mm」として「OK」をクリックします。



すると垂直方向(縦)で左から3mmの所に、ガイドが設定されます。




あとは同じようにメニューから「表示」→「新規ガイド」を選択して、方向は「垂直方向」で、位置は「213mm」(=左側の断ち落とし3mm+仕上がりサイズ210mm)として「OK」をクリックします。



横方向のガイドは方向は「水平方向」で、位置は「3mm」と「300mm」(=側の断ち落とし3mm+仕上がりサイズ297mm)を設定します。



左右のガイドが作成された状態がこちらになります。

左右のガイドが仕上がりのラインになります。仕上がりの位置まで印刷を入れたい場合は、ガイドの外側3mmの断ち落としの領域まで色や写真を入れて下さい。



デザインをするにあたっては、用紙の左右のセンターにもガイドがあるとデザイン作業がしやすいかもしれませんね。



ガイドを作成し終わったら、メニューから「表示」→「ガイドをロック」を選択してガイドが動かないようにして完成です。



ダウンロード

上記手順で作成したPhotoshopデータをダウンロードできるようにしました。以下のリンクをクリックしてダウンロードして下さい。

カテゴリ

Photoshop 基本的な操作方法

調べてみよう!

こんな記事も読まれています