Adobe公式サポート情報まとめ《InDesign》|2011年5月更新分

Adobe TechNote InDesign

Adobeの公式サポート情報ページのTechNoteで2011年5月中に更新されていると思われるエントリーをピックアップしてみました。


このページではインデザインInDesign)関係をピックアップします。


ピックアップ
「Suite カラーマネジメントが有効になっていません」エラーが表示される(Adobe Bridge CS3/CS4/CS5)
全角スペースを行末吸収に設定すると「ここまでインデント」が無効になる(InDesign CS4以降)
ページアイテムを移動すると処理速度が低下する(InDesign CS5)
「インストールに問題があります」エラーが表示される(Creative Suite 5.5/InDesign CS5.5/Flash Professional CS5.5/Dreamweaver CS5.5/Flash Builder 4.5)
スニペットとは何ですか (InDesign CS5)
PDF/X-4:2010について(InDesign CS5.5)
裁ち落とし線に接するテキストフレームが書き出したPDFでページ内に移動する(InDesign CS5.5)
CS5.5 サブスクリプションに関するよくあるお問い合わせ
合成フォントを使用して EPUB 形式で書き出すと強制終了する(InDesign CS5.5)
小塚ゴシック Pro B を使用すると EPUB 書き出し時に強制終了する(InDesign CS5.5)
CID フォントを使用すると EPUB 書き出し時に問題が検出される(InDesign CS5.5)
おかしな動作をする書類を再構築するには(InDesign CS3以降)
入出力ファイル対応形式 (InDesign CS5.5)

Adobe TechNote・サポート情報 更新内容

InDesign

問題点 (Issue)

Adobe Bridge の編集メニューから「Creative Suite のカラー設定」を選択すると、以下のエラーメッセージが表示されます。

  • 「Suite カラーマネジメントが有効になっていません。Suite カラーマネジメントでは、この機能を有効にするために正規の製品が少なくとも 1 回起動されている必要があります。」

理由 (Reason)

  • 単体の CSx 製品の場合、Suite のカラーマネジメント機能を使用することはできません。
  • Creative Suite のインストール後に、カラーマネジメントを使用するアプリケーション(Adobe Photoshop、Adobe InDesign、Adobe Illustrator など)を一度も起動していません。


「Suite カラーマネジメントが有効になっていません」エラーが表示される(Adobe Bridge CS3/CS4/CS5)



問題点 (Issue)

Adobe InDesign CS4 で [全角スペースを行末吸収] に設定すると、「ここまでインデント」が無効になります。

詳細 (Detail)

この問題は、以下のような操作を行った場合に発生します。

  1. [段落] パネルのメニューで [全角スペースを行末吸収] を選択してチェックを入れます。
    ※ 有効になっている場合はメニュー左側にチェックマークが表示されています。
  2. 文字ツールでインデントする位置をクリックし、テキスト挿入点を置きます。
  3. [書式] メニューから [特殊文字の挿入] - [その他] - [「ここまでインデント」文字] を選択します。
  4. 行頭にスペースや記号などの文字を入力します。


全角スペースを行末吸収に設定すると「ここまでインデント」が無効になる(InDesign CS4以降)



問題点 (Issue)

Adobe InDesign CS5 でページアイテムを移動する際の動作が、以前のバージョンと比較して遅くなります。


解決方法 (Solutions)

この問題を解決するには以下の A. ~ D. のいずれか、または複数の操作を行います。

A. InDesign CS5 7.0.4 のアップデーターをインストールします。

透明度が適用されていて、かつページパネルのサムネール表示が有効になっている際のページ表示に関する問題については、InDesign CS5 7.0.4 アップデートで修正されています。ヘルプ/アップデートを選択し、InDesignアップデートを行ってください。または、以下の弊社 Web サイトからアップデータを直接ダウンロードすることもできます。

http://www.adobe.com/jp/downloads/updates/


ページアイテムを移動すると処理速度が低下する(InDesign CS5)

(A以外の解決方法は省略しました)



問題点 (Issue)

Windows 版 Adobe Creative Suite 5.5 または CS5.5 単体製品をインストールすると、インストール完了時の画面で以下のエラーが報告されることがあります。

  • 「インストールに問題があります。必須コンポーネントでインストールに失敗したものがあります。これにより、インストールしたアプリケーションの機能に影響がでることがあります。」


「インストールに問題があります」エラーが表示される(Creative Suite 5.5/InDesign CS5.5/Flash Professional CS5.5/Dreamweaver CS5.5/Flash Builder 4.5)



スニペットとは、ページやページスプレッド上の相互の相対的な位置を記述したファイルです。

Adobe InDesign CS5 では、オブジェクトをスニペットとして書き出し、共同作業に使用したり、他のドキュメントで再利用することができます。

ページ上にあるテキスト、読み込んだグラフィック、InDesignで作成したオブジェクトなどを、スニペットとして個々に書き出すことができます。書き出したスニペットは、他の作業者と共有したり、別のドキュメントで再利用したりすることができます。スニペットをドキュメント上に配置あるいはドラッグ&ドロップすると、元のフォーマットやページ上の位置関係を保ったまま配置することができます。


スニペットとは何ですか (InDesign CS5)



PDF/X-4:2010への対応

弊社のInDesign CS5.5の新機能としてご紹介させていただいておりますPDF/X-4:2010についての説明です。


PDF/X-4:2010について(InDesign CS5.5)



問題

裁ち落としラインに接するさせてテキストフレームを作成しました。フレーム内マージンを設定してから、裁ち落としを含めてPDFへ書きだしたところページ内に移動しました。


理由

InDesign CS5.5の不具合と考えられます。現在分かっている再現条件は以下のとおりです。


再現条件:

  • テキストフレーム
  • テキストフレームはマスターページにあります。
  • テキストフレームは裁ち落とし線に接するまたは吸着しています。
  • テキストフレームにはフレーム内マージンが適用されています。


裁ち落とし線に接するテキストフレームが書き出したPDFでページ内に移動する(InDesign CS5.5)



Adobe Creative Suite ソフトウェアサブスクリプションとは?

サブスクリプションは、Creative Suite ソフトウェアのより柔軟な導入を可能にする新しいライセンス形態です。サブスクリプションを購入すれば、わずかな月額使用料金で Creative Suite を使用することができ、しかも、サブスクリプションの有効期間中は追加料金なしで、対象製品のアップグレード版を入手することができます。


CS5.5 サブスクリプションに関するよくあるお問い合わせ



問題点(Issue)

Adobe InDesign CS5.5 で、合成フォントを使用した文書を EPUB 形式に書き出すと、アプリケーションが強制終了して以下のメッセージが表示されます。

  • 「Adobe InDesign CS5.5 は動作を停止しました」
  • InDesign が予期しない理由で終了しました。」

詳細(Detail)

EPUB 書き出しオプションダイアログボックスの「CSS」セクションで、「ローカルオーバーライドを保持」にチェックを入れています。


合成フォントを使用して EPUB 形式で書き出すと強制終了する(InDesign CS5.5)



問題点(Issue)

Adobe InDesign CS5.5 から EPUB 形式に書き出すと、アプリケーションが強制終了して以下のメッセージが表示されます。

  • 「Adobe InDesign CS5.5 は動作を停止しました」
  • InDesign が予期しない理由で終了しました。」

詳細(Detail)

  • InDesign CS4 またはそれ以前のバージョンがインストールされています。
  • 小塚ゴシック Pro B、小塚ゴシック Std B、りょうゴシック B など、SING に登録されているフォントを適用すると問題が発生します。


小塚ゴシック Pro B を使用すると EPUB 書き出し時に強制終了する(InDesign CS5.5)



問題点(Issue)

Adobe InDesign CS5.5 で CID フォントを含む文書から EPUB 形式に書き出す際、以下のようなメッセージが表示されます。「OK」をクリックすると EPUB ファイルは書き出されますが、CID フォントを使用した箇所は正しい字形が表示されません。また、Adobe Digital Editions で EPUB ファイルを表示するとアプリケーションが強制終了します。

  • 「ファイルは書き出されましたが、1 つ以上の問題が検出されました:
    フォント:X 個が埋め込みを許可されていません
    <フォント名>」
    ※ X は問題が検出されたフォント数です。

解決方法(Solution)

この問題を解決するには、CID フォントの代わりに OpenType フォントを使用します。


CID フォントを使用すると EPUB 書き出し時に問題が検出される(InDesign CS5.5)



問題点 (Issue)

特定の InDesign書類で設定が期待通りに適用されません。

保存や印刷した結果が期待通りになりません。


Detail (詳細)

  • 以前のバージョンの InDesign から同じドキュメントを保存、別名で保存を繰り返しています。
  • 緻密な設定を繰り返し変更しながら編集作業を行っています。


おかしな動作をする書類を再構築するには(InDesign CS3以降)



Adobe InDesign CS5.5 日本語版 が対応している読み込み書き出し可能なファイル形式は以下のとおりです。


入出力ファイル対応形式 (InDesign CS5.5)