フォントワークスから筑紫A丸ゴシック-L/R/Mなどのファミリー書体を含む新しい書体が12月にリリース #font

フォントワークス新書体

2010年12月にリリースされる予定の新しいフォントワークスのフォント情報が掲載されていました。

2010年12月にリリースされる予定のフォントは以下の17書体です。

  • 筑紫A丸ゴシック-L
  • 筑紫A丸ゴシック-R
  • 筑紫A丸ゴシック-M
  • 筑紫A丸ゴシック-D
  • 筑紫A丸ゴシック-E
  • 横太明朝A-B(仮称)
  • 横太明朝B-B(仮称)
  • 角隷-M
  • コメット-B
  • カラット-UB
  • Adobe-Japan1-5仕様の筑紫明朝-B
  • Adobe-Japan1-5仕様の筑紫明朝-E
  • Adobe-Japan1-5仕様の筑紫明朝-H
  • Adobe-Japan1-5仕様の筑紫ゴシック-L
  • Adobe-Japan1-5仕様の筑紫ゴシック-R
  • Adobe-Japan1-5仕様の筑紫ゴシック-M
  • Adobe-Japan1-5仕様の筑紫ゴシック-D

フォント一覧

以下の画像は「2010年リリース予定の書体見本」のPDFより抜粋。

筑紫書体

  • 筑紫A丸ゴシック-L
  • 筑紫A丸ゴシック-R
  • 筑紫A丸ゴシック-M
  • 筑紫A丸ゴシック-D
  • 筑紫A丸ゴシック-E
    • 【開発コンセプト】2008年のLETS新書体として「筑紫A丸ゴシック-B」をリリースして以来、LETS会員様からファミリー化の要望が非常に高く、ついに6ウェイトのファミリーとなりました。
      デジタルフォントの標準的な丸ゴシック体とは一線を画す書体です。現代の感覚で味わい深い丸ゴシック体を設計しました。懐(ふところ)の広い現代風なデザインではなく、懐を絞ったデザインの丸ゴシック体です。「漢字」は幾何学的な直線処理ではなく、温かみのある丸みを帯びたラインを意識して設計しています。「かな」はニュートラルなデザインです。文字を組んだ時の書風は格別です。

フォントワークス新書体1



ベイシックシリーズ

  • 横太明朝A-B(仮称)
  • 横太明朝B-B(仮称)
    • 【開発コンセプト】横画の太いモダンな明朝体です。漢字の横画のウロコを従来の明朝体に比べ"こぶり"で"すっきり"とデザインすることで、モダンでスタイリッシュそしてビジュアルアクセントを感じる書体に仕上げました。ハネやハライには、美しい明朝らしさを表現しています。横画の太さにより視認性の高い新しいタイプの横太明朝体です。
      仮名は2種類用意しました。
      Aかな:漢字と同じデザインスタイルで、モダンなイメージを演出
      Bかな:標準的な明朝仮名を踏襲したデザインスタイルで、オーソドックスなイメージを演出
      ※漢字と英数字のデザインは同じ

フォントワークス新書体2



装飾書体など

  • コメット-B
    • 【開発コンセプト】すべてのラインを直線で構成している書体です。横画は水平かつ縦画より細く、縦画は5~8度のゆるやかな傾斜をつけてデザインしています。さらに漢字や仮名だけでなく欧文や数字も同様のデザインスタイルで、文字を組んだ際に動きのあるデジタルチックな雰囲気を表現します。
  • カラット-UB
    • 【開発コンセプト】すべてのラインを直線で構成している極太でインパクトの強い書体です。漢字の横画は細く、縦画は太くデザインしています。鋭角なカットが特徴で、1文字ではどことなく不安定でありながら、文字を組むと水平な横線とラインが揃い安定感が生まれる不思議なテイストの書体です。メカニカルやエレクトリックな雰囲気を表現します。ラインが揃う書体のためロゴにも最適です。
  • 角隷-M
    • 【開発コンセプト】力強さをとシャープさをもち、さらに毛筆感を残した味のあるモダンなゴシック隷書体です。隷書体の特長のひとつである平体率をスッキリとしたゴシック体の書風で表現しています。2009年リリースの「角隷-L」と同様、長文でも可読性が落ちないように細部まで調整を施してあります。

フォントワークス新書体3



関連ページ

カテゴリ

ニュース・告知 フォント

調べてみよう!

こんな記事も読まれています