イラストレーター関係のエラー情報まとめ | 2010年7月更新分 #Illustrator

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

Adobe TechNote

AdobeのTechNote(エラー情報やサポート情報)で2010年7月中に更新されていると思われるエントリーをピックアップしてみました。


このページではイラストレーターIllustrator)関係をピックアップします。


ピックアップ項目
レガシーファイルを更新すると丸数字やローマ数字が(日)(月)などの括弧付きテキストに文字化けする(Illustrator CS-CS5)
小塚フォントの変更点について(Creative Suite 5)
オーバープリント属性が自動的に設定される(Illustrator CS-CS5)
Mac OS X 10.6 で言語とテキスト環境設定を変更すると起動できない(Illustrator CS5)
Mac OS X 10.6 で「LastResort.dfont」フォントが存在すると強制終了する(Illustrator CS5)
合成フォントの内容のみ変更すると再度開いた際に警告メッセージが表示される(Illustrator CS5)

イラストレーターIllustrator

問題点 (Issue)

Adobe Illustrator 8 で作成したドキュメントを Illustrator CS/CS2/CS3/CS4/CS5 で開いて更新すると、①、②などの丸数字やⅡ、Ⅲなどのローマ数字が(日)(月)などの括弧付きテキストに文字化けします。


詳細 (Detail)

Illustrator 8 ドキュメントには、「新ゴ L」や「中ゴシック BBB」などの NewCID フォントが使用されています。


解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、文字化けしたテキストを Illustrator CS-CS5 で再入力します。


レガシーファイルを更新すると丸数字やローマ数字が(日)(月)などの括弧付きテキストに文字化けする(Illustrator CS-CS5)



内容 (What's Covered)

この文書ではCreative Suite 5の各製品に付属している小塚フォントファミリーの変更点にいて説明します。


情報 (INFORMATION)

以前のバージョンの小塚フォントファミリーと比較して以下の点が変更されています。

  1. 小塚ゴシックProシリーズおよび小塚ゴシックPr6NシリーズのCID番号:15310の字形に不要な画線がありましたので正しく修正しました。なお、CS4ではCID番号:22905と同じ字形となっていた不具合も訂正しました。
  2. 小塚ゴシックProシリーズおよび小塚明朝ProシリーズのCID番号:1879の字形の不具合を修正し、CID番号:0から15443までについて、小塚明朝Pr6N及び小塚ゴシックPr6Nの字形と整合性を取りました。


小塚フォントの変更点について(Creative Suite 5)



問題点 (Issue)

Adobe Illustrator CS-CS5 でオーバープリント属性が自動的に設定されます。


詳細 (Detail)

オーバープリントを有効にしてオブジェクトを作成を行うと、それ以降に作成した全てのオブジェクトにオーバープリント属性が設定されます。


オーバープリント属性が自動的に設定される(Illustrator CS-CS5)



問題点 (Issue)

Mac OS X 10.6 で Adobe Illustrator CS5 を起動すると、以下のエラーメッセージが表示されて起動できません。

  • 「Adobe Illustrator CS5 が予期しない理由で終了しました。」

(中略)

理由 (Reason)

Mac OS X の [言語とテキスト] 環境設定で、数値の区切り記号または通貨の区切り記号の 1,000 の位が [なし] に設定されています。


Mac OS X 10.6 で言語とテキスト環境設定を変更すると起動できない(Illustrator CS5)



問題点 (Issue)

Mac OS X 10.6 で Adobe Illustrator CS5 が起動できません。起動中に Illustrator が強制終了します。


理由 (Reason)

ハードディスク内に「LastResort.dfont」フォントが存在します。これは、Mac OS X 10.5 によってインストールされるフォントです。Mac OS X 10.6 では「LastResort.ttf」がインストールされるため、「LastResort.dfont」は必要ありません。


解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、「LastResort.dfont」フォントファイルを削除します。


Mac OS X 10.6 で「LastResort.dfont」フォントが存在すると強制終了する(Illustrator CS5)



問題点 (Issue)

Adobe Illustrator CS5 で合成フォントを作成後、合成フォント名を変更せずに内容のみ変更すると、ドキュメントを再度開いた際に以下の警告メッセージが表示されます。この問題は、Illustrator を再起動後にドキュメントを再度開くと発生します。

  • 「同じ名前の合成フォント「<合成フォント名>」が既に存在します。開くドキュメントの設定を使用する場合は「ドキュメント」、既存の設定を使用する場合は「既存」、変更せずに閉じる場合は「キャンセル」を選択してください。」


合成フォントの内容のみ変更すると再度開いた際に警告メッセージが表示される(Illustrator CS5)


解決方法 (Solution)

現在、この問題に対処する有効な解決方法はありません。


追加情報 (Additional Information)

この問題の原因は、アプリケーションが管理する合成フォントとドキュメントに付属する合成フォントの名前が、同一にもかかわらず内容が異なるためです。本来はアラートの必要はありません。この問題については修正を検討しております。


合成フォントの内容のみ変更すると再度開いた際に警告メッセージが表示される(Illustrator CS5)