セミナー紹介 | 8月28日にDTPの勉強部屋が開催 | テーマは『デザインのひきだし』から「効果的な印刷・加工」「出力・印刷の現場」

DTPの勉強部屋

8月28日に名古屋市にて勉強会(DTPの勉強部屋)が開催されます。

テーマ
『デザインのひきだし』から「効果的な印刷・加工」と「出力・印刷の現場」

講演内容

Session 1:今こそ! 印刷・加工をもっともっと使いこなす。(津田 淳子さん)

出版業界はもとより、商印業界でも、不況の声を聞かない日は無い、というような状況です。

でも、そんなときだからこそ、印刷物ならでは、紙ならではのものをつくっていかないと、その不況の声はこれからもどんどん大きくなるばかりです。

そんな魅力ある印刷物、紙媒体をつくっていくためには、魅力あるグラフィックをデザインすることも重要ですが、それをどんな手法で印刷物に落とし込むかに、とことんこだわることも大変重要です。

こんな印刷/加工は、どのくらいのコストで、どこにお願いすればできるのか。また効果的に使うにはどうすればいいのか、使うときの注意点は? などなど、プロなら知っておきたいデザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌『デザインのひきだし』でご紹介してきた、さまざまな印刷・紙・加工を、実物をお見せしながらご紹介します。



Session 2:出力・印刷の現場 ─データを受け取った現場で起こっていること─(村上 良日(やも)さん&坂口 礼治さん)

  • 時間を読める工程とそうでない工程
  • 工程を組むために必要な情報とは
  • 本当によくあるデータ内容
  • 本当にPDFでよかったのか

出演
津田淳子さん
株式会社グラフィック社 『デザインのひきだし』編集長
村上良日(やも)さん
坂口礼治さん
株式会社ケーエスアイ


日時・場所など

日時
2010年8月28日(土)14:00~19:30
セミナー:14:00~18:00、交流会:18:00~19:30
会場
ウインクあいち(愛知県産業労働センター)1203号室
参加費
2,000円(当日払い)
定員
100名
Twitterハッシュタグ
#studyroom018 だと推測されます(前回開催のハッシュタグより)


関連ページ

カテゴリ

セミナー・勉強会紹介 デザイン ニュース・告知

調べてみよう!

こんな記事も読まれています