フォトショップ関係のエラー情報まとめ | 2010年6月更新分 #Photoshop

Adobe TechNote

AdobeのTechNote(エラー情報やサポート情報)で2010年6月中に更新されていると思われるエントリーをピックアップしてみました。


このページではフォトショップPhotoshop)関係をピックアップします。

フォトショップPhotoshop

問題点 (Issue)

Adobe Lightroom 2.7 の Adobe Camera Raw 5.7 では、以下のカメラがサポートされていますが、Adobe Photoshop CS5/Photoshop CS5 Extended の Camera Raw 6.0 でサポートされていません。

  • キヤノン EOS Kiss X4(EOS 550D/Digital Rebel T2i)
  • コダック EasyShare Z981
  • リーフ Aptus-II 8
  • リーフ Aptus-II 10R
  • マミヤ DM40
  • オリンパス E-PL1
  • パナソニック DMC-G2
  • パナソニック DMC-G10
  • ソニー DSLR-A450

解決方法 (Solutions)

Camera Raw 6.1 をインストールする

これらのカメラは、Photoshop CS5 のリリース後に提供される Camera Raw 6.1 でサポートされています。


Camera Raw 5.7 でサポートされているカメラが 6.0 でサポートされていない


問題点 (Issue)

Adobe Photoshop CS5 や、Adobe Bridge、Bridge Mini で Raw 画像を開くと、Adobe Camera Raw 6.0 が強制終了します。


解決方法 (Solution)

この問題は、Camera Raw 6.1 で修正されています。


Camera Raw 6.0 が強制終了する(Macintosh 版 Photoshop CS5)


問題点 (Issue)

Mac OS X 10.6 で、Adobe Photoshop CS5/Photoshop CS5 Extended の起動時に以下の警告メッセージが表示されます。

  • 「Adobe Photoshop CS5 が最大限の性能を発揮して正しく動作するよう、Mac OS X バージョン 10.6.2 またはそれ以降でのご使用をお勧めします。それ以前のバージョンの Mac OS X が検出されました。」

詳細 (Detail)

Mac OS X 10.6 または 10.6.1 を使用しています。


解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、Mac OS X 10.6.2 以上にアップデートします。


Mac OS X 10.6 で起動時に「以前のバージョンの Mac OS X が検出されました」と表示される(Photoshop CS5/Photoshop CS5 Extended)



問題点 (Issue)

Windows 版 Adobe Creative Suite 5 または単体の CS5 アプリケーション起動時、以下のような「undaternotifications.dll」モジュールが影響を受けていることを示すエラーメッセージが表示され、アプリケーションが予期せず終了します。

  • AppName: illustrator.exe AppVer: 15.0.0.399 ModName: updaternotifications.dll ModVer: 1.0.0.64 Offset: 0006a8dc

解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、「updaternotifications.dll」ファイルをアップデートします。


起動時に「updaternotifications.dll」関連エラーが表示されアプリケーションが強制終了する(Windows 版 Creative Suite 5)



問題点 (Issue)

Adobe Creative Suite 5 アプリケーションの起動時または使用中に、以下のいずれかのエラーメッセージが表示されます。

  • 「製品を登録するには Adobe Application Manager が必要です。」
  • 「体験版を実行するには Adobe Application Manager が必要です。」
  • 「この製品のライセンス認証処理で問題が発生しました。」


起動時に「Adobe Application Manager が必要です」エラーが発生する(Creative Suite 5)



ネットワークや周辺機器に関する問題は再現が困難であるため、弊社テクニカルサポートでは、ローカルコンピューター上に保存されているファイルを扱うケースのみサポートしていますが、Creative Suite に付属の Adobe Drive や Adobe Version Cue を使用してバージョン管理を行う際の問題についてはサポートしています


リムーバブルメディアおよびネットワークでの作業(Photoshop CS5/CS4)



問題点 (Issue)

Apple MacBook あるいは MacBook Pro のボタンなしのトラックパッドを使用する際、Adobe Photoshop CS4/CS5 で画像が予期せず回転したり拡大したりします。


ボタンなしのトラックパッドを使用すると画像が予期せず回転したり拡大したりする(Macintosh 版 Photoshop CS4/CS5)



問題点 (Issue)

Adobe Photoshop CS4/Photoshop CS4 Extended を再インストールすると、インストールログに以下のエラーメッセージが記録されます。

  • Error committing command ARKCAPSWritePayloadDataCommand

詳細 (Detail)

インストーラーでは、以下のエラーメッセージが表示される場合があります。

  • 「次のコンポーネントのインストールに失敗しました :
    Adobe Photoshop CS4 (64 bit)
    Adobe Photoshop CS4
    残りのオプションのインストールを続行するには、「続行」をクリックします。このインストールをキャンセルするには、「終了」をクリックします。」


インストール時に「committing command」エラーが発生する(Creative Suite 5)



問題点 (Issue)

Adobe Photoshop CS5/Photoshop CS5 Extended の [プリント] ダイアログボックスで、[カラー処理] ポップアップメニューに [カラーマネジメントなし] オプションが表示されません。


プリントダイアログボックスで [カラーマネジメントなし] オプションが表示されない(Photoshop CS5/Photoshop CS5 Extended)



問題点 (Issue)

Adobe Creative Suite 5 の製品の起動時に [承諾する] をクリックした後、ソフトウェア使用許諾契約書またはエンドユーザ使用許諾が再び表示されます。


ライセンス使用許諾画面が [承諾] をクリックした後に再表示される(Creative Suite 5)



問題点 (Issue)

Windows 版 Adobe Photoshop CS5 または Adobe InDesign/InCopy CS5 の [Mini Bridge] パネルで [ファイルを参照] ボタンをクリックすると、コンテンツ Pod に「Bridge CS5 を待機中」と表示されたままファイルまたはフォルダーが参照できません。


Mini Bridge で「Bridge CS5 を待機中」と表示されたままコンテンツが参照できない(Windows)



問題点 (Issue)

Mac OS X 10.6.3 で Adobe Creative Suite 3 のアプリケーションを起動すると、強制終了、または予期しない動作で終了します。この問題は、CS3 アプリケーションと Mac OS X 10.6.3 が使用するライブラリのコンフリクトによって発生します。このライブラリを使用する Adobe 以外のアプリケーションでも同様に問題が発生します。

この問題は、システムのシリアル番号が 13 文字以上ある場合にのみ発生します。これは、システムのシリアル番号が有効でなく、代わりに「System Serial#」や「SystemSerialNumb」などの値が設定されていることが原因です。この無効なシリアル番号は、整備済製品やコンピュータの修理で設定される場合があり、元のシステムのシリアル番号が利用できなくなります。


システムのシリアル番号が 13 文字以上に設定されているコンピュータで CS3 アプリケーションが強制終了する(Mac OS X 10.6.3)



内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Flash Catalyst CS5 に Photoshop ドキュメントを読み込む際の既知の問題について説明します。


Flash Catalyst に Photoshop ドキュメントを読み込む際の既知の問題



問題点 (Issue)

Adobe Creative Suite 5 アプリケーションを起動すると、「アプリケーションの構成が正しくないため、実行できません。 再度インストールする事で問題が解決する可能性があります」というエラーメッセージが表示されます。また、以下のようなエラーコードが表示される場合があります。

Error 16


CS5 アプリケーション起動時に「アプリケーションの構成が正しくないため、実行できません」エラーが表示される



内容 (What's Covered)

この文書は、Adobe Photoshop CS5/Photoshop CS5 Extended のプラグインに関する情報を紹介します。

Macintosh 版 Adobe Photoshop CS5 は、64 ビットアプリケーションとして動作するよう基本構造から再設計されています。このため、以前のバージョンのプラグインや 32 ビットのプラグインを使用すると、正常に動作しない、エラーメッセージが表示される、強制終了するなどの問題が発生する可能性があります。Photoshop における 32 ビットモードと 64 ビットモードの切り替え方法については、I. 32 ビットと 64 ビットのモード切り替え方法を参照してください。


プラグインに関する変更点(Photoshop CS5/Photoshop CS5 Extended)



問題点 (Issue)

Adobe Creative Suite 5 のインストールを行うと、PCD フォルダーへのアクセス時に読み込みまたは書き込みエラーが発生します。


詳細 (Detail)

以下のいずれか、または両方のエラーがログファイルに記録されています。

  • Failed to open Master PCD
  • MT: ERROR: Cache PCD is not writable, hence exiting. (Error = 16)

解決方法(Solutions)

複数のCreative Suite 5 製品を一斉に起動させるとエラーが発生する場合があります。それぞれ時間を置いてから起動してください。


PCD フォルダーへのアクセス時に読み込みまたは書き込みエラーが発生する(Creative Suite 5)



問題点(Issues)

Macintosh 版 Adobe Dreamweaver CS5、Photoshop CS5、Illustrator CS5を終了後にAdobe Crash Reporterが起動します。 アプリケーションが異常終了を起こしたように見えます。


原因(Causes)

この問題はCS5ServiceManagerのLogsフォルダーのアクセス権が読み書きのみと設定されているために発生します。


終了後にCrash Reportが起動する(Mac版 Photoshop CS5, Dreamweaver CS5, Illustrator CS5)





内容 (What's Covered)

この文書では、Macintosh 版 Adobe Creative Suite 5 アプリケーションの Growl 通知を無効化する方法について説明します。


Growl 通知を無効化する方法(Macintosh 版 Creative Suite 5)