7月2日に「言葉のデザイン2010」の第2回研究会が東京で開催/講師は鳥海修さん(字游工房)と宮崎光弘さん

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

言葉のデザイン2010

7月2日に東京ミッドタウンにて『言葉のデザイン2010―オンスクリーン・タイポグラフィを考える』の研究会が開催されます。


講師は鳥海 修さん(字游工房)と宮崎光弘さんです。

テーマは「オンスクリーン環境におけるタイプフェイス」です。

セッション内容

セッション1:鳥海修さん(字游工房)

書体における品質とは何か。

印刷とスクリーン表示とでは異なる設計ポイントがあるのか。

その書体設計思想から見る、オンスクリーン環境におけるタイポグラフィの品質感。


セッション2:宮崎光弘さん

AXISフォントの設計コンセプトから、デジタルメディアにおけるタイポグラフィの品質向上へのヴィジョンを語り起こす。


セッション3:総括トーク



概要

講師鳥海 修さん(字游工房)・宮崎光弘さん
日時2010年7月2日(金)19:00~21:00(開場18:30)
会場東京ミッドタウン・デザインハブ インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京都港区赤坂)
参加費一般3,000円
JAGDA会員・学生1,000円
定員80名
現在のお申し込みは立ち見になります

お問い合せ・お申し込み

問い合わせ
JAGDA事務局(受付担当:工藤さん) Tel 03-5770-7509/hub@jagda.org

お申し込みは以下のページから行って下さい。


関連ページ


前回の様子をUstreamで




情報元

カテゴリ

セミナー・勉強会紹介 デザイン ニュース・告知 フォント

調べてみよう!

こんな記事も読まれています