イラストレーター(Illustrator)CS3/CS4のセキュリティアップデートが公開されています

Illustrator セキュリティアップデート

イラストレーターCS4(Illustrator CS4)とイラストレーターCS3(Illustrator CS3)の利用上のセキュリティを向上するアップデートが公開されました。

Adobe - Security Bulletin APSB10-01 Security updates available for Adobe Illustrator CS4 and CS3」のページによれば、今回影響を受けるのはイラストレーターCS4(バージョン14.0.0)とイラストレーターCS3(バージョン13.0.3、またはそれ以前のバージョン)だそうです。


アップデートは具体的にはインストールされている「MPS.dll」または「AdobeMPS.framework 」を置き換えるものになっています。

アップデートを行わない場合、特定の方法で、攻撃者が用意したプログラムをイラストレーターの利用者の意志とは無関係に実行できる場合があり、大変危険です。アドビではこのセキュリティアップデートを実行することを推奨しています。


WindowsおよびMacintoshオペレーティングシステム用のAdobe Illustrator CS4(14.0.0)およびAdobe Illustrator CS3(13.0.3およびそれ以前のバージョン)に、クリティカルな脆弱性が存在することが確認されました。この脆弱性が原因で、任意のコードが実行されるおそれがあります。アドビでは、確認済みのこの脆弱性に対処するための解決策を提供しています。ユーザーの皆様には、以下に示す手順に従い、所定のアップデートを適用することを推奨します。


Adobe - セキュリティ速報:APSB10-01 Adobe Illustrator CS3およびCS4用セキュリティアップデート公開

以下のページよりアップデート用ファイルをダウンロードして所定の方法でファイルを入れ替えて下さい。



追記(2010/01/27 16:38)

任廿一郎様よりコメント頂き、日本語で記載されたセキュリティ速報のページへのリンク・引用と付随する記述を追加しました。

この記述の変更に伴い、日本語版が確認中と記述されていた2010/1/8 22:47に追記した部分を削除しました。

コメント頂きありがとうございました。


情報元