ワード・エクセル・パワーポイントのファイルサイズを劇的に縮小する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

»概要

図の圧縮

ワードやエクセルなどに画像を貼り込むことは良くあることですが、画像を多く貼り込むとワードやエクセルのファイルサイズが大きくなってしまうのが難点です。

このページではそんな場合に、画像の品質をある程度保った状態でファイルサイズを簡単にそれも劇的に減らす方法を掲載しています。†1


対象はワード2007(Word 2007)・エクセル2007(Excel 2007)・パワーポイント2007(PowerPoint 2007)です。


※ただし、商業印刷オフセット印刷)や高解像度出力・拡大出力する際は解像度の低下により画像の解像感が低下しますのでご注意下さい。

  • †1: 画像のサイズが小さい場合はファイルサイズはほとんど減りません

»実例

以下の様に画像が貼り込まれたエクセル2007のファイルがあるとします。画像は300dpi(ppi)の画像ファイルを縮小して貼り込んでいます。

右側の画像は左側の画像をトリミングの機能でトリミングしたものです。

図の圧縮(1)


ファイルを普通に保存すると5.35MBでした。

図の圧縮(2)


Officeボタンをクリックし、「名前を付けて保存」の右側にある三角をクリックし、「Excelブック」を選択します。

図の圧縮(3)



保存のダイアログが出てきます。(ここではファイル名を「図の圧縮-圧縮後.xlsx」としました)

図の圧縮(4)


「ツール」をクリックし「図の圧縮」を選択します。

図の圧縮(5)


「オプション」をクリックします。

図の圧縮(6)


圧縮オプション」では「保存時に基本的な圧縮を自動的に行う」「図のトリミング部分を削除する」にチェックをいれ、「出力先」を「印刷用(220ppi)」を選択し、「OK」をクリックします。

図の圧縮(7)


あとは保存をすると、ファイルサイズが481KBに減少していることがわかります。

大幅にファイルサイズが減少していることがわかります。

図の圧縮(8)



»補足

実際のデータの解像度はどうなっているかを確認してみましょう。

解像度が下がらないようなPDF変換を行って、Acrobat 9 Proの機能で画像の解像度を見てみましょう。


できあがったPDFAcrobat 9 Proで開いて、メニューの「アドバンスト」→「印刷工程」→「出力プレビュー」を選択します。

図の圧縮(9)


「プレビュー」の「オブジェクトインスペクタ」を選択します。(Acrobat 9 Proより前のバージョンにはこの機能はありません)

図の圧縮(10)


「図の圧縮」を行っていないデータの画像をクリックしてみると解像度が「水平1179.07ピクセル/in(インチ)」「垂直1193.65ピクセル/in(インチ)」となっていることがわかります。

およそ1280dpi程度になっていることがわかります。†1

図の圧縮(11)


「図の圧縮」を行ったデータの画像をクリックしてみると解像度が「水平238.95ピクセル/in(インチ)」「垂直242.98ピクセル/in(インチ)」となっていることがわかります。

およそ240dpi程度であることがわかります。

図の圧縮(12)

このページを気に入ったらシェアしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
分割型カタログ印刷