Illustratorのカラーモードを変更すると透明効果の描画モードを使用したデータが意図しない状態になる

Illustratorのカラーモードを変更すると透明効果の描画モードを使用したデータが意図しない状態になる

概要

このページではIllustratorのドキュメントのカラーモードを変更した際に、透明効果を利用したオブジェクトのカラーが大きく変化することについて説明しています。


具体的な状況としては、始めに「RGBカラー」でデータを作成し、最後に印刷入稿用に「CMYKカラー」へカラーモードを変更する、というものが挙げられます。

実例

Illustratorのドキュメントのカラーモードを「RGBカラー」にして新規ドキュメントを作成します。


円のオブジェクトにRGBカラーの黒から白への円形グラデーションを適用します。(塗りは以下の画像のような感じになります)

Illustratorの透明効果について


このオブジェクトに「透明」パネル(パレット)にある「描画モード」の設定を行います。

Illustratorの透明効果について


以下の様に下にカラーを入れたものを配置します。

各円のオブジェクトの描画モードは左から「乗算」「焼き込みカラー」「スクリーン」「覆い焼カラー」「オーバーレイ」です。

Illustratorの透明効果について

▲クリックすると拡大します


メニューから「ファイル」→「ドキュメントのカラーモード」→「RGBカラー」となっているところを、印刷用のカラーに変更しようと「CMYKカラー」に変更します。

Illustratorの透明効果について


以下の様になってしまい、「乗算」以外は正常に表現されていません。

Illustratorの透明効果について

▲クリックすると拡大します


このようなRGBカラーとCMYKカラーでの表現の違いがあるため、ドキュメントのカラーモードが「RGBカラー」になっている状態から、安易に「CMYKカラー」に変更することはお薦めできません。

変更する際は細心の注意を払い作業を行って下さい。



この問題はIllustrator10・Illustrator CS・Illustrator CS2・Illustrator CS3・Illustrator CS4・Illustrator CS5で確認されました。

関連情報・参考資料