Acrobat・Adobe Readerのセキュリティアップデートが米国時間で13日に行われます

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

Adobe Reader/Acrobatのアップデート

AcrobatとAdobe Readerのセキュリティアップデートが本日から明日に掛けて行われるようです(米国時間で10月13日)。

今回の問題は、Windows版が外部からの不適切なアクセスの対象となっているようです。

 セキュリティアップデートは、Adobe Reader/Acrobatに発見された脆弱性を修正するもので、既にこの脆弱性を利用した限定的な攻撃も確認されているという。脆弱性は、Windows版、Macintosh版、Linux版に影響があり、攻撃はWindows版のAdobe Reader/Acrobat 9.1.3を標的としている。


Adobe Reader/Acrobatのアップデートも米国時間13日に公開 -INTERNET Watch


今回の脆弱性の問題はJavaScriptの機能を使用しないようにすることでも防ぐことができるので、アップデートが公開されるまで気になる方は、以下のページを参考にしてAcrobat・Adobe ReaderのJavaScriptの機能をオフにしてみてはいかがでしょうか?†1



情報元


追加情報

  • †1: DTPなどの印刷PDFには基本的にJavaScriptの機能は不必要かと思います。
カテゴリ

Acrobat ニュース・告知

調べてみよう!

こんな記事も読まれています