Illustratorのオーバープリントと透明効果の乗算の違い

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

オーバープリントと透明効果の乗算の違い

このページではIllustratorでのオーバープリントと透明効果の乗算との違いについて説明しています。


オーバープリントと透明効果の乗算は同じ結果にはならないので、設定にはご注意下さい。

はじめに

乗算とは何なのでしょうか。Adobe Illustrator CS3のヘルプには以下のように書いてあります。

乗算 ベースカラーにブレンドカラーを掛け合わせます。最終カラーは、常に暗いカラーになります。カラーにブラックを掛け合わせると常にブラックになります。カラーにホワイトを掛け合わせても、カラーは変化しません。複数のマーカーを使用して描画したような効果が得られます。
描画モードについて

つまり乗算を使用した場合は「カラーが明るくなることはない」ということを覚えておいてください。



実例

以下のようなデータを作成します。画面はIllustrator CS3です。

乗算とオーバープリントの違い-1

▲クリックすると大きな画像が表示されます


①のセンターのグレーの四角はK30%のオブジェクトです。このオブジェクトはノックアウト(ヌキ・オーバープリントオフ)になっています。

乗算とオーバープリントの違い-2


②のセンターのグレーの四角はK30%のオブジェクトです。このオブジェクトはオーバープリント(ノセ)になっています。

乗算とオーバープリントの違い-3


③のセンターのグレーの四角はK30%のオブジェクトです。このオブジェクトは透明効果で「乗算」になっています。

乗算とオーバープリントの違い-4



Illustrator CS3からPDF/X-1aを書き出します。書き出したPDFAcrobat8 Professionalで開いてみましょう。


ここではセンターのグレーの四角のオブジェクトと重なったC50%の部分A・A'と、K50%の部分B・B'に注目します。

乗算とオーバープリントの違い-5



メニューの「アドバンスト」→「印刷工程」→「出力プレビュー」(↓のアイコン)を選択して、色の情報を見てみましょう。

乗算とオーバープリントの違い-6


Aの部分はC50%の上にK30%のオブジェクトをオーバープリントする設定なので、C50%K30%のオブジェクトになります。

乗算とオーバープリントの違い-7


A'の部分はC50%の上にK30%のオブジェクトを乗算する設定なので、Kは(1-((100-30)÷100)×((100-0)÷100))×100(計算式は後述)。この結果、C50%K30%のオブジェクトになります。

乗算とオーバープリントの違い-8


Bの部分はK50%の上にK30%のオブジェクトをオーバープリントする設定なので、上のオブジェクトのプロセスカラーの%が有効になります。この結果、K30%のオブジェクトになります。(これはPostScriptの仕様です)

乗算とオーバープリントの違い-9


B'の部分はK50%の上にK30%のオブジェクトを乗算する設定なので、(1-((100-30)÷100)×((100-50)÷100))×100(計算式は後述)。この結果、K65%のオブジェクトになります。

乗算とオーバープリントの違い-10


以上のように、オーバープリントと透明効果の乗算は似ているのですが、結果が大きく異なることがあります。

データ作成の際には十分注意してください。


なお、参考として上記で使用したPDFのリンクを以下に掲載します。

オーバープリントと透明効果の乗算の違いPDF


補足情報

なお、乗算の際の計算式は「Photoshop Manual - [ 乗算 ] とは - by StudioGraphics」のページによると、

結果の値 = (基本色×合成色)÷255

※基本色とは「下の色のRGBの値(8bit値)」と考えてもらえば良いようです。

とのことです。

ただし、この式は単純に適用すると、CMYKの色空間ではおかしな結果が出てしまいます。これは乗算の計算式として提示されているものが「加色法」と呼ばれるRGBのカラー空間を元に作られているためです。

CMYKの場合は「減色法」ですので、基本色・合成色の部分の計算方式が異なり、100%分から対象オブジェクト分の網パーセントを引いたものを代入しなければなりません。(結果の値も同じ)

また、上記の式で255で割っているのはRGBの値が8bitのRGBカラーのためで、最初から%になっている網パーセントでは255で割る必要がありません。


つまり基本の式は「乗算」の名の通り、

結果の値 = 基本色×合成色

ということになります。(結果の値は0~1になります)


以上の点からCMYKの場合は以下のような計算式になります。

結果の値(網パーセント) = (1-((100-基本色の網パーセントの値)÷100)×((100-合成色の網パーセントの値)÷100))×100


参考ページ

Photoshop Manual - [ 乗算 ] とは - by StudioGraphics

関連情報・参考資料

カテゴリ

Illustrator IllustratorのTIPS Photoshop

調べてみよう!

こんな記事も読まれています