Illustrator 10でIllustrator形式の保存をする際の設定について

Illustrator 10でIllustrator形式の保存をする際の設定について

概要

このページではIllustrator 10からIllustrator形式で保存をするときの設定や注意点を掲載しています。

ドキュメントの設定を確認して下さい

保存する前のドキュメントの設定についてはこちらをご覧下さい。



設定

メニューから「ファイル」→「別名で保存」を選択します。



フォーマットを「Illustrator」に設定します。†1

ファイル名は拡張子「.ai」を付けてください。

「保存」のボタンをクリックします。



Illustrator形式のオプション設定画面になりますので、以下のように設定し、「OK」をクリックします。

  • 互換性:Illustrator 10
  • オプション
    • PDF互換ファイルを作成:チェックを付けてもチェックを付けなくてもOK†2
    • 圧縮を使用:チェックを付けてもチェックを付けなくてもOK†3
    • 他のアプリケーション用にすべてのフォントを埋め込む:チェックを付けます
    • 使用しているキャラクタの割合が「○○%」より少ない場合にはサブセットフォントにする:チェックを付けます
    • ICCプロファイルを埋め込む:チェックを外します†4
    • 配置した画像を含む:リンクしている画像を一緒にご入稿いただく場合はチェックを付けなくてOK†5



注意点

互換性のバージョンについて

必ず制作で使用しているIllustratorのバージョンで保存してください。バージョンを変えて保存したファイルは意図しないPostScriptエラー(出力エラー)を起こしたり、文字がずれたり、画像のリンクが切れる場合があります。印刷の仕上がりに大きな影響を与えることもありますので、かならず制作で使用しているIllustratorのバージョンと同じバージョンで保存をしてください。

  • †1: 「Illustrator」の部分はMacOSの場合「Illustrator 10 書類」など表現が多少異なります。
  • †2: ただしInDesignなどのレイアウトソフトに貼り込む場合はチェックを付けてください。
  • †3: 圧縮を使用するとファイルの保存が遅くなりますが、ファイルサイズは小さくなります。
  • †4: カラーマネージメントを使用していない場合はグレーアウトしてチェックできません。
  • †5: 画像をリンク配置していない場合はグレーアウトしてチェックできません。
カテゴリ

Illustrator Illustrator 10

調べてみよう!

こんな記事も読まれています