InDesign CS2のPDF/X-1a保存設定について(印刷用PDF変換)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

概要

このページではInDesign CS2でのPDF変換の方法を説明しています。

InDesign CS2でのPDF変換の方法は以下の通りになります。この設定はPDF/X-1aに準拠しています。


●設定ファイルをダウンロードしたい方はここをクリックしてください。



ドキュメントのページサイズを確認

メニューから「ファイル」→「ドキュメント設定」を選択します。



仕上がりのサイズとドキュメントのページサイズが同じかどうかを確認してください。

ページ物の場合は、綴じ方が正しいかどうかも確認してください。†1



PDF書き出しとPDF書き出しの設定

メニューから「ファイル」→「書き出し」を選択します。


書き出しのダイアログのフォーマットは「Adobe PDF」を選択します。

拡張子は「.pdf」を付けてください。



PDF書き出しのダイアログの「一般」】

PDF書き出しのダイアログの「一般」の項目では次の画面の様に設定します。

PDF書き出しプリセット」は「[PDF/X-1a:2001(日本)]」を選択します。設定を変更すると[PDF/X-1a:2001(日本)](変更済み)となりますが問題はありません。

「見開き印刷」はチェックをつけてもつけなくても問題ありません。



PDF書き出しのダイアログの「圧縮」】

PDF書き出しのダイアログの「圧縮」の項目では次の画面の様に設定します。

  • 画像:ダウンサンプリングなし
  • 圧縮ZIP



PDF書き出しのダイアログの「トンボ裁ち落とし」】

PDF書き出しのダイアログの「トンボ裁ち落とし」の項目では次の画面の様に設定します。



PDF書き出しのダイアログの「色分解」】

PDF書き出しのダイアログの「色分解」の項目では次の画面の様に設定します。†2

  • カラー:カラー変換...出力先の設定に変換(番号を保持)
  • カラー:出力先...任意のプロファイルを選択してください...例えば「Japan Color 2001 Coated」など
  • PDF/X:出力インテントプロファイル名...任意のプロファイルを選択してください...例えば「Japan Color 2001 Coated」など



PDF書き出しのダイアログの「詳細」】

PDF書き出しのダイアログの「詳細」の項目では次の画面の様に設定します。


以上の設定が終わったら、「書き出し」をクリックしてPDFを作成します。



補足

PDF書き出しの設定を保存しておくと便利

毎回PDF書き出しの設定をするのは間違いの元になります。PDF書き出しの設定を保存しておきましょう。

プリセットを保存」をクリックします。


「プリセットを別名で保存」に適当な名前を付けて設定を保存します。ここでは「PDFX-1a裁落3mm」と名前を付けて「OK」をクリックします。



PDF書き出しプリセット」が先ほどつけた名前の設定になっているのを確認してください。PDF書き出しをする場合はそのまま「書き出し」をクリックします。



次回以降はメニューから「ファイル」→「PDF書き出しプリセット」に先ほど名前を付けた設定名がありますので、選択すればPDF書き出しの設定が完了した状態で保存できます。



設定ファイルダウンロード

InDesign CS2用のPDF変換設定ファイルのダウンロードは以下のアイコンをクリックしてください。

設定ファイルPDF変換設定ファイルダウンロード

  • †1: 左綴じ右綴じを誤っていると、印刷・製本で重大な問題が発生するおそれがあります。
  • †2: カラーマネージメントがオフになっている場合は設定できない項目もありますが、大きな問題はありません。
カテゴリ

InDesign InDesign CS2 PDF PDF/X PDFへ変換・作成

調べてみよう!

こんな記事も読まれています