StuffIt Deluxe7.0をご使用の方への注意点

このページではStuffIt Deluxe7.0に関する注意点を掲載しております。

問題の状況

(株)アクト・ツー販売のStuffIt Deluxe7.0Jを購入時のまま使用すると圧縮・解凍で問題が発生します。。

ユーザー登録されている方にはアクト・ツーよりご連絡があるかと思いますが、StuffIt Deluxe7.0Jには2バイト文字関係(日本語のファイル名関係)で問題があることがわかっております。

このため、StuffIt Deluxe7.0で圧縮されたファイルを当社にて解凍/展開しますと、2バイト(日本語)のファイル名で文字化けを起こす問題が起きております。

この文字化けのため(ファイル名が変更されているので)リンクされたファイルがなくなっているように見えたり、必要なファイルが入っていないように見える場合があり、作業に支障を来します。


実例

以下のように文字が化けてしまいます。


解決方法

修正版は2003年5月19日にアクト・ツーより公開されました(バージョン7.0.3)。

StuffIt Delux7Jをご使用の方は必ずアップデートしてください。

アップデートされていないStuffIt圧縮されたファイルはファイルが正しく解凍・展開できず、作業の進行ができない場合がありますのでよろしくお願いいたします。


なお、アクト・ツーによる問題点の掲載されているページは以下のリンクをご参照下さい。

  • StuffIt(.sit)アーカイブ内に2バイトを含む名称のフォルダが存在する場合、 StuffIt Deluxe のアーカイブ・ブラウズ機能により、その下の階層の項目を別の階 層に移動しようとした際や、別の階層の項目をこのフォルダの下の階層に移動しようとした際、エラーにより実行できないことがあります。
  • LHA(.lzh)アーカイブ内に2バイトを含む名称のフォルダが存在する場合、解凍を実行しても正常に完了しないことがあります。
  • 2バイトを含む名称のフォルダの BinHex(.hqx)デコードを実行しても正常に完了しないことがあります。
  • 本バージョンで作成した StuffIt(.sit)アーカイブの名称が2バイトを含む場合や、アーカイブ内に2バイトを含む名称の項目が存在する場合、バージョン 6.5J 以 下の StuffItExpander で解凍した際に項目名が文字化けする場合があります。

act2 website●News Release(WayBackMachineから引用)

▲バージョンを確認して最新の状態にしておいてください。

カテゴリ

ファイル送信

調べてみよう!

こんな記事も読まれています