IllustratorでPDFを作成するための設定について(概要)

»概要

このページではIllustratorによるPDF入稿に関する注意点を掲載しております。

IllustratorPDFを作成するためのオプションの設定を掲載しております。


»データを作成する前に

PDFデータを作成する前に気を付けておかなければならない点があります。印刷に適したPDF作成のためにチェックをしましょう。

»Illustratorのバージョンについて

Illustratorは必ず各バージョンで最新版をご使用下さい。最新版をご利用にならずに作成された場合の不具合に関しては当社では責任を負いかねます。


»Illustrator8.0.1より前のバージョンについて

Illustrator8.0.1より前のバージョンでも直接PDFを作成は可能です。ただし問題があります。

詳しくは以下のリンク先の情報を参考にしてください。


»PDF変換前にIllustratorデータ自体を見直しましょう

印刷に適さないデータをPDFへ変換しても、印刷に適したPDFが作成されるわけではありません。変換前のデータが印刷に適した形かどうかの確認をお願いします。


»データの設定や決まり事について

PDFデータ入稿とIllustratorデータ入稿と守らなくてはならない部分が少し違います。注意をしましょう。


»Illustrator9・Illustrator10・Illustrator CSの書類設定について

Illustrator9以降ではPDFを作成する前に書類設定を行う必要があります。


»トンボトリムマーク)は必ず「フィルタ」で作成してください

IllustratorからPDF保存する場合には、必ず「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」でトンボを作成してください。「オブジェクト」→「トンボ」→「作成」では裁ち落とし分までPDFが作成されないなどの問題が起こる場合があります。


»アートボードについて

アートボードのサイズはトンボが入るサイズを指定してください。また、アートボードの中にトンボが入るように設定してください。アートボードの中にトンボが入っていないと、PDF形式で保存した際にアートボードのサイズで切られてしまいます。(Illustrator CS2以降は問題ありません)


»フォントについて

フォントが全てアウトライン化もしくはフォントが埋め込みされていないPDFファイルは受付いたしませんので、必ずフォントをアウトライン化するか埋め込んだ状態でのご入稿をお願いします。


»EPS画像のハーフトーンスクリーン情報トランスファ関数ポストスクリプトカラー管理について

リンク画像のPhotoshop EPSオプションでハーフトーンスクリーン情報トランスファ関数ポストスクリプトカラー管理にチェックが入っているファイルに関しては、ハーフトーンスクリーン情報によって線数の異常やトランスファ関数による画像の変化・ポストスクリプトカラー管理によるカラー変更が行われる場合があります。弊社では修正はできませんので、PDFに変換する際には必ず事前にご確認下さい。


»PDF保存時の設定について

PDF保存時の設定に注意しないと、元データが印刷に適していても、印刷に適しないPDFが作成されてしまいます。


»PDF保存時の設定について

保存オプションの設定は以下の設定を参考にしてください。†1

できあがったPDFを必ずAcrobatReader)で開きご確認下さい。画像などで問題がある場合は「ダウンサンプル」のチェックを全て外して保存し直してみてください。

なお、画像の解像度がもともと低い場合は設定を変えても印刷物としては良いものはできません。


»エラーが発生した場合は...

»Illustrator8でPDF形式で保存すると、オーバープリントに設定していないところがオーバープリントに設定された場合

Illustratorのバージョンを確認してください。Illustrator8.0.0ではありませんか。Illustrator8.0.0ではPDF保存に問題があることが分かっております。必ず8.0.1にアップデートしてください。


»Illustrator8でEPS解析のエラーが出る場合

Illustrator8においてPDF保存しようとすると「このファイルは、EPS解析で解析できません」と表示され、PDFが作成できない場合があります。


»PDFにすると画像が抜けてしまう場合

お客様の制作環境・制作方法によっては、IllustratorからPDF形式で保存した場合、画像が抜けてしまう場合があります。


»PDFにすると透明の情報や切り抜きパスが無効になる(切り抜かれない)場合

お客様の制作環境・制作方法によっては、IllustratorからPDF形式で保存した場合、画像の透明の情報や切り抜きパス(クリッピングパス)が無効になり、 白色になったり角版になってしまう場合があります。


»PDFにすると縁取りの部分が欠けてしまう場合

お客様の制作環境・制作方法によっては、IllustratorからPDF形式で保存した場合、縁取りの部分が正常に連結されず、欠けたような状態で保存される場合があります。


»PDFにすると2階調の画像に付けたカラーが欠落してしまう

お客様の制作環境・制作方法によっては、IllustratorからPDF形式で保存した場合、2階調の画像に付けたカラーが欠落した状態で保存される場合があります。


»PDFにするとパターンが正常に変換されない

お客様の制作環境・制作方法によっては、IllustratorからPDF形式で直接保存した場合、塗りをパターンで指定したものが欠落した状態で保存される場合があります。


»PDFにするとグラデーションメッシュのオブジェクトのカラーが変になる

お客様の制作環境・制作方法によっては、IllustratorからPDF形式で直接保存した場合、グラデーションメッシュのカラーが異常な状態で保存される場合があります。

  • †1: 様々な種類の印刷物がありますので最適とは言い切れませんが、通常の印刷物であまり問題のない設定です。

このページの内容が良かったと思った方はぜひ他の方にオススメして下さい!
お使いのサービスのアイコンをクリックすると簡単にこのページのリンクをシェアできます。