Illustratorデータの印刷で罫線がかすれていた/パスの塗りに注意

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

概要

このページではIllustratorデータの罫線に関する注意点を掲載しています。

問題の状況

印刷罫線がかすれていました。



原因

罫線が細すぎたのではないかと考えられます。



対処方法

直線のパスのカラーの指定は「塗り」で行わないでください。

Illustratorではパスの「塗り」にカラーを指定できますが、このパスの「塗り」にカラーを指定した場合、印刷においてカラーが反映されない場合があります。

直線のパスの「線」にカラーを指定しないで、「塗り」にカラーを付けた場合、出力が極細線の扱いになります。極細線は線が細すぎるため、インキが乗らない(=印刷されない)場合が考えられます。

パスの線のカラーは「塗り」ではなく、必ず「線」の方で指定するようにお願いいたします。



問題のデータの実例

直線のパスを用意します。


「塗り」でカラーを付けます。


幅が「0mm」なので「塗り」があっても極細線扱いにしかなりません。†1


プリンタの出力で線が見えても、刷版出力から印刷では意図したとおりに出力されない場合があります。ご注意ください。

  • †1: 極細線=出力機で最も細い出力になるため、刷版出力では細すぎて見えない線になる場合があります。

関連情報・参考資料

カテゴリ

Illustrator Illustratorのバグ・不具合

調べてみよう!

こんな記事も読まれています