Illustratorデータ保存の際に作成されるAI Tempファイルについて

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

このページではIllustratorデータの保存に関する注意点を掲載しております。 保存後すぐに保存データの移動やファイル送信をするとファイルが壊れる場合があります。

AI Tempファイルとは

Illustratorデータを保存する際に、保存先のフォルダ(デスクトップ上ならデスクトップ)に保存ファイルとは別に「AI Temp XXXXXXXXX」というファイルができる場合があります。

この「AI Temp XXXXXXXXX」ファイルはファイル保存のための一時ファイルです。このファイルが消えるまではファイル保存が不完全な状態です。

この状態で保存ファイルを移動させたり、インターネットでデータ送信を行うと、保存したファイルが再度開けなくなるなどの問題が発生する場合があります。ご注意ください。

この問題を解決するには?

「AI Temp XXXXXXXXX」ファイルがいつまでも消えない場合があります。「AI Temp XXXXXXXXX」ファイルがすぐに消えるようにするには以下の方法により問題が解決する場合があります。

  • a. Norton Anti Virusを一時的に停止する
  • b. 保存先のフォルダの内容を強制的に更新する

a. Norton AntiVirusを一時的に停止する

Norton AntiVirus(NAV)はウイルスからの自動保護の機能があり、書き込まれているファイルを検査する機能があります。この機能により、一時ファイルの作成および消去が著しく遅くなっている可能性があります。

Norton AntiVirusを一時的に停止することによって、ファイルの検査を停止し、状況が改善する場合があります。


b. 保存先のフォルダの内容を強制的に更新する

様々な理由が考えられますが、実際には保存作業は完了しているにもかかわらず、いつまで経っても「AI Temp XXXXXXXXX」ファイルが消えない場合があります。原因のひとつとしてフォルダの内容が更新されていないことが考えられます。

Windowsの場合

Windowsの場合、エクスプローラーで「表示」→「最新の情報に更新」(画像の「A」)もしくは更新のアイコン(画像の「B」)をクリックしてください。フォルダの内容が更新されます。


Mac OS

Mac OSの場合、保存先のフォルダで新規フォルダを作成してみてください。フォルダの内容が更新されます。

その後、作成したフォルダは不要なので削除してください。

カテゴリ

Illustrator Illustratorのバグ・不具合

調べてみよう!

こんな記事も読まれています