CMYKカラー画像のカラープロファイルについて(Photoshop6・Photoshop7)

このページではPhotoshopデータのカラープロファイルに関する注意点を掲載しております。


PhotoshopPhotoshop5.0よりカラープロファイルを埋め込むことが可能になりました。

しかし、このプロファイルは正しい使い方を認識していないと、画像のカラーが変換されて思わぬカラーで出力されることがあります。

問題の例

カラーマネージメントの設定が各ソフトウェア毎にバラバラだったり、画像の保存形式によっては、以下の例のようにIllustratorで作成したM100%Y100%とPhotoshopで作成したM100%Y100%で段差になって出力されてしまう場合があります。


カラープロファイルを埋め込まない設定について

プロファイルを埋め込まないようにする設定は以下の通りです。


Photoshop6・Photoshop7の場合

「編集」→「カラー設定」を選択します。


プロファイルを理解されていない場合は「カラーマネージメントポリシー」で「RGB」「CMYK」「グレー」は「オフ」に、「プロファイルの不一致」はチェックを入れないでください。


EPS保存時に「カラープロファイルの埋め込み」にチェックを入れないで下さい。

カテゴリ

Photoshop Photoshop 6 Photoshop 7 Photoshopのバグ・不具合

調べてみよう!

こんな記事も読まれています