画像の解像度を確認してください

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

このページではPhotoshopデータの画像解像度に関する注意点を掲載しております。

画像の解像度(dpi)†1を確認してください。

高すぎる解像度はデータが大きくなるだけで品質の向上にはほとんど影響しません。

低すぎる解像度はギザギザの状態(ジャギー)を発生させます。

実例

例として1280×1024ドットの画像が350dpiだとどの程度のサイズとして使えるのかを調べてみましょう。画面はPhotoshop5.0です。


データそのものの解像度について

画像を開いて「イメージ」→「画像解像度」を選択します。

「プリントサイズ」を見ると、「解像度が72dpi(ppi)の場合は45.16×36.13cm」と表示されています。†2


データを350dpiとして扱うとどの程度のサイズになるか

「画像の再サンプル」のチェックを外し、「解像度」の欄に「350」と入力します。

解像度が350dpi(ppi)の場合は9.26×7.43cm」と表示されます。

このサイズより大きなサイズで使うほど、だんだんぼやけた感じになってきます。

場合によってはドットが見えてギザギザに見える場合もあります。


注意点

解像度の低い画像を「画像の再サンプル」にチェックを入れて解像度を上げてもほとんど意味がありません。†3

最初から高い解像度で取り込んだものをご用意下さい。

また、IllustratorInDesignQuarkXPressなどで画像を配置する場合は、拡大縮小後のサイズで解像度を計算してください。

  • †1: 一般的に使われる「dpi」とはdot per inch(1インチあたりのドット数)のことです。Photoshopでは「pixels per inch」という表現になっています。
  • †2: デジタルカメラの画像は多くは初期値が72dpi(ppi)です。
  • †3: ギザギザの感じにしたくない場合はぼやけた感じはしますがある程度は有効です。
カテゴリ

Photoshop Photoshopのバグ・不具合

調べてみよう!

こんな記事も読まれています