Photoshop EPSのJPEGエンコーディング(圧縮)について

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

Photoshop EPSのJPEGエンコーディング(圧縮)について

このページではPhotoshop EPSJPEGエンコーディング(圧縮)についての説明を掲載しております。

Photoshop EPSJPEGエンコーディングのデータ対応

吉田印刷所印刷通販「トクプレ.」ではPhotoshop EPSJPEGエンコーディングのファイルに対応しております。


Photoshop EPSJPEGエンコーディング保存の特長

Photoshop EPSJPEGエンコーディングは画像を圧縮して保存する形式です。

ファイルサイズが小さくなるのでMOやCD-R・DVD-Rなどのメディアにより多くデータを入れることができ、また時間も短くコピーできますので、おすすめです。

通信にて画像データを入稿される場合にも、StuffItやLha・ZIPなどで圧縮するよりも効果的にファイルサイズを圧縮することができます。

JPEGエンコーディングされた画像データは図柄によりますが、ファイルのサイズが20%程度まで圧縮されます。また、JPEGエンコーディングされた画像データは圧縮ソフトでさらに圧縮することはあまりできません。



JPEGエンコーディング使用時の注意点

JPEGエンコーディングは何回も保存し直すと画像が劣化する場合がありますので注意が必要です。

入稿直前にJPEGエンコーディングに保存し直すのが最も画質が劣化せずにおすすめです。


CMYKJPEGエンコーディングのEPSはWordなどのMS Officeではインポートフィルタが対応していないためWordなどでは読み込むことはできません。MS Officeで使用する場合はCMYKにしないでください。



JPEGエンコーディングでのEPS保存の方法

Photoshop EPS保存する際に表示されるオプション画面でエンコーディングを「JPEG」にします。(プレビューではありません)

JPEG - 最高画質(低圧縮率)」をお薦めします。

Photoshop EPSオプション画面


JPEGエンコーディングは「.jpg」(JPEG形式)とは異なりますのでご注意ください。


JPEGエンコーディングの圧縮率について

JPEGエンコーディングで圧縮率を上げすぎる(高圧縮率にする)と、モスキートノイズやブロックノイズと言われる画像劣化が目立つようになってしまいます。ご注意ください。

関連情報・参考資料

カテゴリ

Photoshop PhotoshopのTIPS

調べてみよう!

こんな記事も読まれています