箇条書きの表示・出力が違う(ワードのバージョン違いによる)

このページではワード(Word)データの箇条書きの表示がバージョンによって異なる現象を掲載しております。

箇条書きの先頭記号/文字の表示はワードのバージョンによって異なります

ワードには箇条書きの機能があります。ツールバーでは以下のマークのものです。


この機能を使うと、以下の図のような箇条書きを作成することができます。

▲ワード2003での表示

箇条書きの先頭部分の文字/記号は上の図のように画像にしたりすることもできますが、画像にした場合はワードのバージョンによって表示が異なりますので注意が必要です。


上の図のデータをワード2002とワード2000で開いてみます。

▲ワード2002(Office XP)での表示


▲ワード2000での表示

このように、ワード2000で開いた場合には、箇条書きの図が欠落して、代わりに「●」で表示されています。


最終的な印刷/出力も同じようになってしまいますので、ご入稿の際は必ず制作時のワードのバージョンを必ず発注書にご明記下さい。ワードのバージョンを明記せずにご入稿された場合、このエラーに対して対処することはできませんので予めご了承下さい。

※当社ではご入稿されたワードのバージョンをお調べすることはできません。

補足

ワード2000でも箇条書きの先頭文字/記号を図にすることは可能ですが、以下のような図が小さい状態になってしまいました。

カテゴリ

MS Office MS Officeのバグ・不具合 Word

調べてみよう!

こんな記事も読まれています