プリフライト機能について

このページではPageMakerデータのプリフライトについて説明を掲載しています。

PageMakerにはプリフライト†1機能があります。活用しましょう。

PageMakerプリフライトの方法

作成したドキュメントを保存します。

「オプション」→「プラグイン」→「サービスビューロー用に保存」を選択します。

「文書ファイル確認」ボタンをクリックしてください。


プリフライト結果が中央に表示されます。


「フォント」のタブをクリックしてフォントを確認してください。

Mac・Windowsともに当社指定フォント以外のフォントが入っている場合には正常な出力ができません。

Windows版PageMakerデータでは使用可能フォントに制限があります。ご注意ください。


「リンク/OPI」のタブをクリックして画像の状態を確認してください。

リンクが正しく行われていることを確認してください。

TIFF形式の画像は画像形式(CMYKRGB)が表示されますのでRGB画像がないことを確認してください。†2

以上です。

  • †1: 出力の際に問題なる部分を事前にチェックすること。
  • †2: EPS形式の画像は画像のカラーがわかりません。
カテゴリ

PageMaker PageMaker 6.5 PageMaker 7 PageMakerのバグ・不具合

調べてみよう!

こんな記事も読まれています