合成フォントについて

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

このページではPageMakerデータのフォントについての説明を掲載しています。

Windows版PageMakerデータではプロポーショナルフォントの使用はできませんが「合成フォント」の機能を使うことでプロポーショナルフォントと同様の仕上がりを作成することが可能です。

合成フォントの作り方について

「オプション」→「プラグイン」→「合成フォント編集」を選択します。


合成フォント編集ウィンドウが出るので、「新規...」を選択します。


ダイアログで、次の様に入力します


これで「MS明朝+MS P明朝」というスタイルの合成フォントができました。


実例

PageMaker(上が「MSP明朝」、下が「合成フォント」です。)


PostScript 出力(Acrobatによるイメージの表示を行っています)

PostScriptで出力すると、『(』(左丸括弧)『「』(左カギ括弧)『2』(全角の2)などの字詰めが異なることがわかります。

カテゴリ

PageMaker PageMaker 6.5 PageMaker 7 フォント

調べてみよう!

こんな記事も読まれています