Illustratorでの文字のアウトライン化について

»概要

このページではIllustratorでの文字のアウトライン化についての説明を掲載しています。

»アウトライン化について

»PDF入稿の場合

PDF入稿をご利用であれば、PDFへフォントを埋め込んで頂くことでフォントをアウトライン化する必要はありません。


»Illustratorデータ入稿の場合(EPS・ネイティブデータ)

Illustratorデータ入稿の場合はIllustratorデータの文字は基本的にアウトライン化しておいてください。

Illustratorでアウトライン化した文字とアウトライン化する前の文字

Illustratorアウトライン化した文字とアウトライン化する前の文字


アウトライン化されていないと、書体の変更・字詰めの変更・文字化け†1等などの問題点の生じる場合があります。



»アウトライン化の方法や確認について

»Illustrator5.5


»Illustrator8以降



»アウトライン化の注意点

一部フォントではフォントのプロテクトなどの機能やアウトライン化すると、記号の部分や特定の文字がアウトライン化されずに欠落したり(消える)、文字の形状が意図したとおりに維持されなかったりする場合があります。

またIllustratorの特定のバージョンとの組み合わせによっても文字が崩れてしまう場合があります。


アウトライン化後に必ずデータをご確認ください。


  • †1: 全く違う文字に変わってしまうこと

このページの内容が良かったと思った方はぜひ他の方にオススメして下さい!
お使いのサービスのアイコンをクリックすると簡単にこのページのリンクをシェアできます。