InDesign2.0:PDF保存時の設定について

概要

このページではInDesign 2.0から直接PDFを作成する際の設定を説明しています。

「データ書き出し」からPDF保存します。

ドキュメントをInDesignで開きます。

「ファイル」→「データ書き出し」を選択します。


書き出しのダイアログの形式は「Adobe PDF」を選択します。

拡張子は「.pdfを付けてください。



PDF書き出しのダイアログの「一般」

PDF書き出しのダイアログの「一般」の項目では次の画面の様に設定します。



PDF書き出しのダイアログの「圧縮

PDF書き出しのダイアログの「圧縮」の項目では次の画面の様に設定します。

  • カラービットマップ画像・グレースケールビットマップ画像
    • 画像:サンプリング変更なし
    • 圧縮ZIP
    • 品質:8ビット

  • モノクロビットマップ画像
    • 画像:サンプリング変更なし
    • 品質:ZIP



PDF書き出しのダイアログの「トンボ断ち落とし

PDF書き出しのダイアログの「トンボ断ち落とし」の項目では次の画面の様に設定します。



PDF書き出しのダイアログの「詳細」

PDF書き出しのダイアログの「詳細」の項目では次の画面の様に設定します。

  • カラー:CMYK
  • 先のプロファイル:任意のプロファイルを選択してください...例えば「Japan Color 2001 Coated」など
  • OPIを無視:チェックをつけない



PDF書き出しのダイアログの「セキュリティ」

PDF書き出しのダイアログの「セキュリティ」の項目では次の画面の様に設定します。

  • 全ての項目:チェックをつけない

以上の設定が終わったら、「書き出し」をクリックしてPDFを作成します。

カテゴリ

InDesign InDesign 2 PDF PDFへ変換・作成

調べてみよう!

こんな記事も読まれています