PDFのバージョンと各バージョンの特徴と解説

PDFのバージョンと各バージョンの特徴と解説

このページはPDFのバージョンについての説明を掲載しています。


PDFのバージョンは様々なバージョンがあり、用途に応じた適切なバージョンを使用しないと、意図しない結果になる場合がありますのでご注意下さい。

PDFのバージョンとは

PDF誕生の元となるPostScriptが1984年にAdobe Systemsから発表されました。

そのPostScriptの発表から9年後の1993年にAdobe SystemsよりAdobe Acrobatの製品が発表されるのと同時にPDFの第1版の仕様が公開されました。

その後、現在に至るまで継続的に改良・開発が行われ、バージョンが更新されるたびに新しい機能を取り込んでいます。


このため、PDFのバージョンに留意しておかないと、制作者の意図とは違うPDFが作成されてしまうことも少なくありません。

またPDFデータをほかの人に渡す場合にも、PDFのバージョンを意識しておかないと、意図した通りにPDFが表示されない等の問題が発生する場合があります。



PDFのバージョンを注意することでエラーを回避できることも多くありますので、PDF作成時・作成後にPDFのバージョンを確認して、制作者の意図したデータになっているかどうかをご確認下さい。


以下は各PDFのバージョンによる特徴です。

Acrobat 7のマニュアル、Acrobat X Proのマニュアルを参考にしています)


  PDF1.2
Acrobat3.0)
PDF1.3
Acrobat4.0)
PDF1.4
Acrobat5.0)
PDF1.5
Acrobat6.0)
PDF1.6
Acrobat7.0)
最大対応サイズ

約1143mm

(45インチ)

約5080mm

(200インチ)

約5080mm

(200インチ)

約5080mm

(200インチ)

約318000000mm

(15000000インチ)

スムーズシェーディング

×

画像に変換されます

高品質なグラデーション作画が可能です

高品質なグラデーション作画が可能です

高品質なグラデーション作画が可能です

高品質なグラデーション作画が可能です

マスクされた画像

×

正確に表示・印刷されません

正確に表示・印刷されます

正確に表示・印刷されます

正確に表示・印刷されます

正確に表示・印刷されます

日中韓フォントの埋め込みの対応
(フォント埋め込みを許可されたフォント)

×

OpenTypeフォントのサポート

×

×

透明効果のサポート

×

×

レイヤーのサポート

×

×

×

カラーのサポート

8チャンネルのDeviceNカラースペースをサポート

8チャンネルのDeviceNカラースペースをサポート

最高31チャンネルまでのDeviceNカラースペースをサポート

最高31チャンネルまでのDeviceNカラースペースをサポート

JPEG2000形式での画像圧縮のサポート

×

×

×



印刷用途ではPDF/X-1a:2001ではPDF 1.3(Acrobat 4.0)形式、PDF/X-4:2008ではPDF 1.4(Acrobat 5.0)形式、InDesign CS5.5から採用されるPDF/X-4:2010ではPDF 1.6(Acrobat 7.0)形式が利用されます。



参考情報

株式会社SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズのRIP開発者のひとりである松久剛さんがTwitterでツイートされていました。

関連情報・参考資料

カテゴリ

Acrobat PDF PDF/X PDFへ変換・作成

調べてみよう!

こんな記事も読まれています