PDF/Xとは《PDF/X-1a・PDF/X-4など》

PDF/Xとは《PDF/X-1a・PDF/X-4など》

このページでは印刷用途向けPDF規格「PDF/X」についての情報を掲載しています。


PDF/Xとは?

PDF/Xとは、Portable Document Format eXchangeの略で、PDFファイルの相互交換性に関する規格のことです。

相互交換とはデータの受け渡しと考えて下さい。


PDF/Xの仕様は、Adobeが決めているのではなく、国際標準規格であるISO 15930により規定されています。

つまり、PDF/XPDFデータを受け渡す際にどのようなデータが望ましいかという世界標準の基準を示しているともいえます。

PDF/Xは新しいPDFではない

PDF/XPDFの新しいバージョンではなく、あくまでPDFの規格全体の一部分(サブセット)で、印刷用途に最適化されたPDFの規格です。印刷上問題となるカラー・フォント・トラッピング・ハーフトーンなどの不確定要素をできるだけ排除した内容になっています。

▲概念図

また、上の図からもわかりますがAcrobatで作成したPDFPDF/Xにすべて準拠するわけではありませんし、印刷用途向けのPDFPDF/Xにすべて準拠するわけではありません。



PDF/X印刷用途向けのPDF

PDF/Xという規格がなかった時には、PDFといってもWEB用PDF・ebook用PDF・プレス(印刷)用PDFなど様々な種類がひとまとめに「PDF」という名前で呼ばれていました。

印刷用途向けのPDFの標準的な規格がなかったために「PDFにさえなっていれば印刷は問題ない」という誤った認識を持たれる方もいらっしゃいます。

PDF/Xはこのような言葉上の問題を解決すると共に、PDFに変換する作業者自身が印刷用途のPDFに準拠しているかどうかを判断できるように判断材料を明確化したものです。


PDF/Xにはいくつかの種類があり、主なものとして「PDF/X-1a」「PDF/X-3」「PDF/X-4」が挙げられます。



PDF/Xに変換することのメリットは?

PDF/Xにすることでどのようなメリットが発生するのでしょうか?

PDF/Xプリフライト(出力前のデータチェック)の機能を持っているともいえます。データチェック機能により次のメリットが発生します。


  • カラースペースが限定されているので、意図しないカラーになる可能性が低い
  • フォントが埋め込まれた状態(またはアウトライン化された状態)であるので、プリンタフォントがないなどの問題による文字化けの可能性がない
  • すべての実画像が埋め込まれて、OPI情報が含まれないため、リンクミスなどによる異なる画像への置き換えエラーの心配がなくなる


PDF/Xと仕上がりの問題は別

PDF/X印刷工程を重視したものですが、PDF/Xは画像の解像度に関しての制限はありません。このため、72dpiやそれ以下の解像度であってもPDF/Xとしては問題はありません。ただ、このPDF印刷物としては問題が発生することもあります†1


また、例えばPDF/X-1aはカラーモードがCMYK+特色と規定されているので、結果として特色版を含むことを許容しています。もしCMYKのみのプロセスカラー印刷であれば、特色を含むPDFは誤りということになりますが「PDF/X-1aとしては」問題はありません。


また、裁ち落としの部分まで画像や色が入っていないなどの問題はPDF/Xに変換する前の問題で、PDF/Xとは別の問題になります。


このため、PDF/X準拠であったとしても製版工程や印刷工程では注意すべき点があります。

PDF変換前に仕上がりの確認をしていないと、PDFに変換しても結果としてエラーの印刷物が仕上がってしまいますので注意をして下さい。



データをPDF/Xへ変換するための手順について

PDF変換設定について

PDF/X-1aPDF/X-4への変換手順はソフトウェア・バージョン別に掲載しております。



追記:2012/08/23

このページに記載していたPDF/X-1aの仕様などはDTP印刷用語集のPDF/X-1a のページへ移動しました。

見直しに際して内容も修正しております。

関連情報・参考資料

カテゴリ

PDF PDF/X

調べてみよう!

こんな記事も読まれています