InDesign CS:PDF保存時の設定について(PDF/X-1a)

概要

このページではInDesignCSでPDF/X-1a形式(PDF形式)にて保存するための手順を掲載しています。


●設定ファイルをダウンロードしたい方はここをクリックしてください。



手順

ドキュメントをInDesignで開き、「ファイル」→「データ書き出し」を選択します。


書き出しのダイアログの形式は「Adobe PDF」を選択します。

拡張子は「.pdf」を付けてください。


PDF書き出しのダイアログの「一般」

PDF書き出しのダイアログの「一般」の項目では次の画面の様に設定します。

プリセットの部分(1)をPDF/X-1aにします。以降、設定を変更すると、(1)の部分は「カスタム」になりますが問題ありません。



PDF書き出しのダイアログの「圧縮」】

PDF書き出しのダイアログの「圧縮」の項目では次の画面の様に設定します。

  • カラービットマップ画像・グレースケールビットマップ画像
    • 画像:ダウンサンプリングなし
    • 圧縮ZIP
    • 画質:8ビット

  • モノクロビットマップ画像
    • 画像:ダウンサンプリングなし
    • 圧縮ZIP


PDF書き出しのダイアログの「トンボ裁ち落とし

PDF書き出しのダイアログの「トンボ裁ち落とし」の項目では次の画面の様に設定します。


PDF書き出しのダイアログの「詳細」

PDF書き出しのダイアログの「詳細」の項目では次の画面の様に設定します。†1

  • カラー:出力先...任意のプロファイルを選択してください...例えば「Japan Color 2001 Coated」など
  • PDF/X:出力インテントプロファイル名...任意のプロファイルを選択してください...例えば「Japan Color 2001 Coated」など


PDF書き出しのダイアログの「セキュリティ」

PDF書き出しのダイアログの「セキュリティ」の項目では次の画面の様に設定します。

  • すべての項目:チェックをつけない


以上の設定が終わったら、「書き出し」をクリックしてPDFを作成します。



設定ファイルダウンロード

InDesign CS用のPDF変換設定ファイルのダウンロードは以下のアイコンをクリックしてください。

設定ファイルPDF変換設定ファイルダウンロード

  • †1: カラーマネージメントがオフになっている場合は設定できない項目もありますが、大きな問題はありません。
  • †2: 透明効果のあるオブジェクトがない場合は設定できないことがあります
カテゴリ

InDesign InDesign CS1 PDF PDF/X PDFへ変換・作成

調べてみよう!

こんな記事も読まれています